ここでは、各町内の衣装を紹介していきます。各町、各団体とも、町や山車・山車人形に因んだ意匠を用い、粋に着こなします。

 

拍子木(後姿)拍子木

派手な着物を片肌脱ぎにし、角帯又は捻った三尺を締め、花傘を肩からかけます。拍子木には、3色の布でよったものを綱としてつけます。

 

手古舞(本町)手古舞(西分町)手古舞(住江町)手古舞(てこまい)、金棒(かなぼう、かなんぼ)

男児及び女児小学生が務めますが、男装が基本です。着物を肩肌脱ぎにして裁付袴。または、腹掛けに股引と半纏。手拭いを被る場合もあります。履物は足袋に3色の力緒がついた草履。肩には花傘をかけます。

 

町内の半纏

<祭典役員・一般>股引に腹掛け、その上に浴衣又は長着を着、これをからげる(真後でからげるのは野暮ったいと言われている)。その上に町内揃いの半纏、そして同じく揃いの手拭い又は豆絞りを襟にかけます。履物は足袋に草履。

<梶切り>腹掛けと股引。半纏を着用する町内もあります。地下足袋。

<囃子連>腹掛け・股引、揃いの半纏、足袋(白又は紺)・草履。

町内
町内半纏
梶切り
囃子連
勝沼町

紺地に「勝」の大紋、車輪柄の鯉口

西分町

黒に「西分」の角文字の地、白抜きで「北辰」(=北斗七星)の大紋

「妙見」の大紋、腰に「西分」の角文字、赤地の鯉口

黒に亀甲紋の地、「妙見」の大紋、衿後に神紋である七曜紋

住江町

藍墨地に「住吉」の大紋

同左

同左

本町

地の「本町」の角文字に「神功武」の大紋

地の「本町」の角文字に「神功武」の大紋

「神功武」の大紋、腰に本町の角文字(正確には、本町囃子連及び、本町の青年組織「祭青会」の半纏)

仲町

「静」の大紋、腰に鼓(つづみ)

麻の葉模様の鯉口

「静」の大紋(仲町囃子連)(仲町囃子連様提供)

金通縞に「愛宕」の大紋(梅花連)
上町

「武尊」の大紋、腰に「上町」の角文字

龍柄の半纏、般若面柄の鯉口と股引

黒地に桜散らし、「権現」の大紋

森下町

青煉瓦格子の地、纏頭の駒形に「も」字

赤煉瓦格子の地、纏頭の駒形に「も」字

鉄錆地に武内宿禰の大紋

滝ノ上町

瀧」の大紋、腰にあやめ

○に「ち」の大紋(千ヶ瀬町「ち組」)

「瀧」の大紋(滝ノ上囃子連)

 

「義経」の大紋(ち友連)

大柳町

「柳」の大紋、腰に源氏車

源氏車の中に「柳」の大紋

提供:囃子連「よし。」様

天ヶ瀬町

吉原つなぎの地に「天」の大紋

八坂神社の神紋である左三つ巴紋と五瓜に唐花紋

五瓜に唐花紋

裏宿町

腰に波、摩利支天尊の日・月・陽炎の大紋

籠目に「囃子」大紋

日向和田

あばれ熨斗と、「和田乃」の大紋の入った軍配

山吹地に纏、腰に源氏車

白地に「三嶋」の大紋

 

居囃子の半纏

師岡町囃子連
駒木町囃子連
二俣尾桃花連
上長渕囃子連
和田町囃子保存会

黒地に「も」の大紋、三筋の衿

灰色地に「師岡」の大紋、松皮菱衿と九曜紋(衿後面) 紗綾形の地に「駒」の大紋

紺地に白抜き左三つ巴柄と「祭」の大紋

縹地に「加美若」の大紋

「和田」の大紋

藤若囃子連
下長渕囃子連
友田町郷土芸能保存会
河邊町囃子保存会

杣保(そまのほ)葛」の大紋に左三つ巴と笹竜胆

小紋に「下長渕」

黒地に「友田町」の大紋と「芸能保存会」

江戸紫地に「素戔鳴」の大紋

 

半纏の柄の説明について、不足分は、皆様からの情報で更新されます。管理人へのご一報お待ちしてます。