(1)歴代ポスター (2)平成29年の記録 (3)平成28年の記録 (4)平成27年の記録 (5)平成26年の記録

(6)平成25年の記録(編集中) (7)平成24年の記録 (8)平成23年の記録 (9)平成22年の記録 (10)平成21年の記録

(11)平成20年の記録 (12)平成19年の記録 (13)平成18年の記録 (14)平成17年の記録 (15)平成16年の記録

(16)平成15年天下祭 (17)平成15年〜11年の記録

 

 

江戸開府400年記念 江戸天下祭

 

武内宿禰の山車人形(天下祭の生き証人)森下の山車が、かつての江戸で曳ける!武内宿禰と静御前もあの江戸に!

我が青梅の山車と山車人形が、江戸開府400年を記念して行われた江戸天下祭に招待されました。このページでは、その様子を紹介していきます。

 

森下町の山車(天下祭の生き証人)徳川家康が征夷大将軍に任命されて江戸に幕府を開いたのは、1603年のこと。その後、「東京」と名が変わりましたが、すなわち平成15(2003)年は、江戸が日本の中心になってから400年ということです。これを記念して、1年にわたり、様々なイベントが行われてきました。その一つの目玉が、「江戸天下祭」なのです。――「天下祭」とは何でしょうか?

 

江戸天下祭とは

三河の出身の徳川家康が、時の関白・豊臣秀吉の命によって江戸に国替えとなったのは、天正18(1590)年のことです。しかし、統治される側からすれば、徳川家康とは、所詮よそ者です。そこで彼は、天正19(1591)年に多くの神社仏閣に寄進を行い、そして祭祀を支援するという方法をとりました。その後江戸に幕府が開かれ、特に、日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭、根津神社の根津祭(1714年のみ開催)の3つが将軍によって保護されたために、「天下祭」と呼ばれるようになりました。天下祭という名称は、江戸城で将軍が「上覧」するということからのようです。人心を捉えるには為政者はどうすべきか、という君主論も見え隠れしますが、事実、町人が「お上」の住む処に大手を振って入れたのです。やれ贅沢だ、やれ規制だ、などいろいろあったこととは思いますが、天下祭では、練り物(ねぶたに見られるような作り物)や屋台や山車や囃子が市中を練り歩き、さぞや、賑やかだったことでしょう。

しかしその後、いろいろな事情が重なり(電線の敷設、金銭上の問題、政治的宗教的理由等等)、天下祭は衰退。そして、現在の江戸の祭では、神輿が主役となっています。一方で、青梅、川越や栃木など江戸時代から商業で活況を呈していた地域が、天下祭の担い手となっていきました。そして平成15(2003)年、何とも皮肉な話ではありますが、かつて江戸から購入した山車が、江戸開府400年を記念して、江戸に「里帰り」をする――それが、開府400年記念天下祭なのです。

 

開府400年記念江戸天下祭

天下祭を「再現」するとは言え、関東近辺の山車や屋台をすべて集めるには莫大な金額がかかるわけで(これが本当の理由かどうかは小生には分かりかねますが)、現在の山王祭と神田祭で曳き回されている山車4台と、周辺地域を代表して6台の山車が参加しました。尚、山車の選択には、山車の持つ歴史が特に重視されたようです。

11月22(土)〜23日(日):日比谷公園にて展示及び曳き回し

11月24日(休):日比谷公園から皇居前広場まで約2kmにわたって巡行

山王祭・九段三丁目「牛若丸」
山王祭・三番町「東郷元帥」
山王祭・九段四丁目「弁慶と牛若丸」
神田祭・神田松枝町「羽衣」
昭和初期の制作だが、屋台部分などが戦災により失われ、来歴など不明。
日露戦争の雄・東郷元帥の屋敷が三番町にあったことが制作の由来。昭和20年代作。
昭和27年、秀玉人形店監修のもと、平田洋光(首)、黒岩鳳山(胴)、小柴暁山(小道具)が制作。平成6年に解体修理。衣装は西陣織。

磯貝勝之制作(昭和13年。三保の松原の天女伝説を基にした能「羽衣」で、金色の鳳凰を織り込んだ緋色の衣に天冠を被り、能面「小面」をつける。

青梅・森下町「武内宿禰」
遠州横須賀・川原町「川中島」
遠州横須賀・東田町「五条大橋」
熊谷・本町三四「戸隠」
詳細は「山車と人形」ページ参照
武田信玄と上杉景虎との有名な一騎打ちの場面(確か、第四次川中島の合戦だったと記憶している)。
刀槍類蒐集1000本目の標的を見つけた武蔵坊弁慶と、それをヒラリとかわす牛若丸の対決場面。
戸隠とは、つまり天照大神を岩戸から出した手力男之命のこと。
鴨川・山王講「恵比寿」
文政13年雛屋久五郎作。
川越・志多町「弁慶」
人形は鼠屋五兵衛作。

山車の他に、木遣りと手古舞、千代田区内の神輿9基(@須田町中部町会A平河町一丁目B飯田橋町会C岩本町二丁目大和町会D司町二丁目E五軒町F神保町三丁目G東松下町H神田和泉町)、付祭として@山口県萩市の大名行列A千代田区民民謡流し踊りBおぞら銀行C住友不動産が参加し、天下祭再現を盛り上げました。

また、山車の巡行に先駆けて11月17日(月)から24日まで、丸ビル1階マルキューブで、山車人形と山車が展示されました。

  

加須・本町「龍神の山車」

文久2年に日本橋・田所・通油町3町で制作された山王21番山車。粋で凛々しい姿の織田信長が雅楽「蘭陵王」を舞う。蘭陵王面は高村東雲が鶴岡八幡宮の古図面を基に制作。

青梅・仲町「静御前」
石岡・金丸町「弁財天」
本庄・仲町「神武天皇」
八王子・八幡一二丁目「諌鼓鳥」
鴨川・諏訪講「源頼義」
鴨川・諏訪講「神功皇后」
詳細は「山車と人形」ページ参照
古川長延作。金丸町が大正11年に山車とともに日本橋本町4丁目・岩附町・本革屋町・金吹町から購入。
三代目法橋原舟月作。平成9年に衣装を川島織物で復元新調。
原舟月が文政2年に制作。念のため、閑古鳥ではない。中国初代尭帝は、人々の訴えを聞くために太鼓を設置したが、世はまさに天下泰平であり、使われることがなく、太鼓には苔が生し、鳥が止まって鳴いていた、という故事に因む。
作者不詳。神田松田町(現・神田鍛冶町2丁目)の山車(神田祭番付36番)を大正時代に購入。八幡太郎義家の父親か?
作者不詳。神田鍋町(現・神田鍛冶町2〜3丁目)の山車(神田祭番付5番)を明治43年に購入。

※神輿も天下祭を盛り上げましたが、ページの都合上掲載できませんでしたことをお詫びいたします。