青梅大祭の見所は、山車や山車人形だけではありません。様々な形で青梅大祭を盛り上げる人々がいて、また、青梅独自に発展していった作法があります。その意味が分かれば、より青梅大祭が楽しめるでしょう。

(1)青梅の祭礼とその特徴

競り合いの様子(滝ノ上町と勝沼町)競り合い(せりあい)

青梅の祭礼の特徴と言えば、競り合いです。山車同士が出会った際の、囃子の競演のこと。青梅の囃子の特徴として「けんか囃子」という言葉が用いられるほど、この競り合いは盛り上がります。勿論、喧嘩沙汰にはなりませんが、それほど威勢がよいものです。如何にして相手の囃子につられないか、というのが、その囃子の腕の見せ所であるし、青梅大祭における見所のひとつでもあります。

祭礼における挨拶と青梅締め

交渉委員同士の手締め人と人は「本日はおめでとうございます。どうかよろしくお願い申し上げます」という挨拶を交わします。また、山車も、人形場や祭典事務所、町内に入る時や出る時、他町内を迎える時などなど、様々な場所で挨拶を行います。山車行列の先頭では、交渉委員と呼ばれる役員が町内に入る(又は通過する)時に交渉・挨拶を行います。このように、祭礼は挨拶で始まり挨拶で終わります。また、挨拶に欠かせないのが、手締めであり、交渉の儀礼、祭典事務所での儀礼などの公のことから、乾杯、他家で御馳走を振る舞われた時などの私的なものまで、折々に触れて手締めが行われます。手締めは青梅独特の「青梅締め」と呼ばれるもので、江戸の三三三一拍子よりリズムは遅く、「ヨォ〜、パンパンパン、パンパンパン、パン」という三三一拍子です(ちなみに、青梅っ子は祭礼時に限らず、基本的に手締めは青梅締めです)。祭礼にあってこのような儀礼は決して目立つものではありませんが、大事な所作です。

花場(森下町)花(ハナ)

御祝儀のこと。青梅大祭は、ここに集うすべての人々の自治によって運営されているため、このような御祝儀は欠かせないものとなっています。花が、祭典の財政面の多くを支えているといっても過言では有りません。様々な人々が様々な場所に、「おめでとうございます」という挨拶をしながら花をかけます。尚、花をかけると、花場(はなば)に名前と金額や品物が記されます。

アサギリ

アサギリの他、町内によってはクモキリ等とも呼ばれることがありますが(漢字を当てて「朝霧」と表記する人もおりますが、おそらく学問的にはカタカナ表記が妥当)、3日の早朝、各町内の囃子連が演奏すること。住江町が最初に演奏を始め、次にその隣の町内が順々に行っていく、という「継ぎ町(つぎちょう)」形式が基本で、さらに現在では、各町内とも5時から5時30分までと時間の規定があります。この囃子の音を聞きながら、人々は祭礼気分を新たにし、お赤飯や煮しめなどの御馳走の準備をします。なお、朝に霧が立つことは晴れる前兆現象だそうで、祭礼が晴れることを願った名称か、或いは、祭礼=ハレに由来する言葉かと思われます。

木遣り(きやり)

白扇子を広げた音頭と木遣り衆によって、拍子木迎え・送り、山車がその日初めて出発する際や町内に帰ってくる時など、折々に謡われるものです。

拍子木迎え・送りなど綱縒り式の様子(勝沼町)

拍子木とは、各町内から一人選ばれる「祭男(まつりおとこ)」のことですが(当ページ内で後述)、町内の人々の中で最も華やかな存在とされ、そこには様々な儀礼があります。その中の代表的なものが「拍子木迎え」と「拍子木送り」です。町内の役員や囃子連、手古舞が弓張提灯を持ち木遣りを歌いながら、拍子木宅に迎えに行き(朝)、拍子木宅まで送る(夜)。そこでは酒肴がもてなされます。拍子木の儀式というのは、青梅独自に発達したものらしく、町内によっても異なりますが、拍子木迎え・拍子木送りの他、「口固め」(拍子木となることを約束する)、「結納」、拍子木の綱を縒る「綱縒り」(右写真)、拍子木のお披露目をする「お披露目」などがあります。

祭の後−5月4日

祭が終われば終わりっぱなしというわけではありません。山車人形を所有する町内は、山車人形に備えた鏡餅を等分して細長く切って半紙に包み、「お供物」として町内全戸に配布します。また、各町内とも、清掃や片付け、ハナの計算やお礼状書き、支払いなどの会計処理、面や衣装干し等等、この日も忙しい。その後、オヒマチ(「お日待ち」とも書き、翌年の祭礼を待つ意味と推測される)と呼ばれる慰労会が開かれます。それと同時に、翌年の祭の準備もスタートします。

(2)祭礼に参加する人々

祭典委員長、ほか、町内の役員

祭典委員長とは、その町内を統括する役目であり、各町内1名、計12名います。ほとんどの場合、この役は自治会長が務めます。祭典委員長は、実質的に山車行列の先頭に立ちます。祭典委員長の下には、総務、庶務、会計、救護、交通、接待、山車曳行、山車記録、山車警護(順不同)など多くの役が存在し(町内によって名称は異なる)、自治会の役員、隣組長などを中心に、町内の多くの人々が何等かの役に分担され、祭礼を進めていきます。ちなみに、徽章(半纏に付けたり、帯に挟んであることが多い)がその人の任務を表しています。

交渉委員

町内によって、名称は異なりますが、山車行列に先行し、他町との交渉を行う人々のことです。何を交渉するか・・・、別に喧嘩事の交渉ではありません。山車が他町内に入る際や、他町の山車とすれ違う際などに御挨拶をします。礼儀に始まり礼儀に終わる祭礼ですから、必要不可欠な役目です。音頭をどちらが取るか、挨拶の言葉などに約束事もあります。余談になりますが、だからこそ、他町内の山車を追い抜いたり、礼を欠いた行いなどは、絶対にあり得ませんし、もし起これば、後々争いの種になってしまいます。

拍子木拍子木(ひょうしぎ)

山車の出発や停止などの合図を行うために拍子木を打ち鳴らす人物のこと、又は、打ち鳴らされる拍子木のこと。祭男として行列の先頭をつとめる華やかな存在であり、一生に一度しかできない大役です。拍子木は、元々は麻でつないだ通常の大きさのものでしたが、次第に現在のような大きなものが用いられるようになりました。拍子木には「町内安全」という文字や町名などが墨書きされ、これを色鮮やかな麻布で縒られた綱で繋ぎ、肩からかけます。尚、後ろには提灯持ちがつきます。

拍子木と山車手古舞(てこまい)、金棒(かなぼう、かなんぼ)

通名として「じゃらんぼ」とも呼ばれ、拍子木の後ろに控えて、山車の先払いを務めます。以前は青梅の芸者さんが男装して務めていましたが、現在は各町内の男児及び女児小学生の役目となっています。ちなみに、手古舞と金棒では、本来の意味は違うらしい。

水屋(みずや)

お茶の道具を積んでいた祭礼風俗の一つで、そのために、「水屋」という名称が使われています。拍子木や手古舞よりも先に進みます。どのような物を運んでいるか見てみると、拍子木や手古舞の椅子、救急箱、工具など様々です。小学生男児が特別に選ばれて運ぶことも多く、そのためか、観光客の方に、小型の山車と間違われてしまうこともあるとか・・・。水屋(西分町)

梶切り(かじきり)、歯元(はもと)

山車の梶切りを担当します。山車の屋根で、電線や看板をよけたりするのも仕事ですが、常に危険が伴い全般的にかなり大変。祭と言えば、酒がつきものですが、この役につけば、絶対禁酒が条件。役目の性質上、鳶職の方が務めることが多いのですが、町内で一般公募を行った勝沼町によると、希望者が多くて人気の役だそうです。梶切り(滝ノ上町)

囃子連

町内の囃子連、又は、町内から依頼された他地域の囃子連が、山車内の囃子座で囃子を奏し、踊りを披露します。彼らは、基本的に囃子を止めることはなく、朝の叩き始めから夜の祭礼終了まで、人員を交代しながら演奏し続けます。時に激しく、時に厳かに、祭を盛り上げます。右フレームの「囃子」の項で詳しく触れています。

(3)祭礼の場祭典本部

祭礼には挨拶があります。山車行列は、様々な場所に挨拶を行いながら、進みます。時に、御神酒や酒肴が振る舞われ、挨拶と手締めが行われます。

祭典本部

青梅市民会館前に設置されます。各町内から代表が選出され、祭典を総括しています。

祭典事務所

町内ごとに祭典事務所が設置されます。人形場(本町)

人形場(にんぎょうば)

山車人形を有する5町内では、御神体である山車人形を飾ります。神聖な場所であるため、青竹で結界を張り、御白砂や緋毛氈を敷いて、御神酒と鏡餅で山車人形を祀ります。

神社及び社務所

住吉神社の他、勝沼町には勝沼神社、西分町には西分神社、日向和田には和田乃神社があります。神社内の社務所が青梅大祭に限って、青梅街道上に設けられます。

以上のようなものの他に、各町内独特の儀礼があると思います。是非管理人にお知らせください。