(1)歴代ポスター (2)平成29年の記録 (3)平成28年の記録 (4)平成27年の記録 (5)平成26年の記録

(6)平成25年の記録(編集中) (7)平成24年の記録 (8)平成23年の記録 (9)平成22年の記録 (10)平成21年の記録

(11)平成20年の記録 (12)平成19年の記録 (13)平成18年の記録 (14)平成17年の記録 (15)平成16年の記録

(16)平成15年天下祭 (17)平成15年〜11年の記録

 

平成28年青梅大祭の記録

 

本年の青梅大祭は、5月2日(月)〜3日(祝)の両日にわたって、盛大に挙行されました(主催:青梅大祭実行委員会と青梅市自治会連合会第一支会、協賛:青梅市自治会連合会と青梅市観光協会、協力:JR青梅駅)。晴天で暑くなる予報であった2日は曇天に、夜から雨予報の出ていた3日については、午前中の快晴から次第に曇天と強風への変化で済みました(3日深夜に降雨)。結果的に、準備から片付けまでまったく雨にたたられずに助かりましたが、天気予報に一喜一憂させられた祭礼でした。

(1)4月28日周辺<神事関連>

4月28日(木)、住吉神社にて神事が執り行われました。また、前日の27日(水)には墨江町囃子連が囃子を奉納しました。なお、囃子奉納による宵宮は20年の節目を迎えました。

(2)5月2日<祭礼第一日>

山車はそれぞれの町内の中を巡行しました。午後駅前での巡行

勝沼町:10時〜18時

西分町:12時〜19時30分

住江町・本町・仲町・上町・森下町・滝ノ上町:15時〜19時30分

大柳町・天ヶ瀬町・裏宿町・日向和田:12時30分〜18時

19時30分まで巡行した町内は、青梅駅で待機しながら、順次、住吉神社でお祓いを受けました。(尚、他の5町内は、3日午前中に住吉神社でお祓いを受けました。)

(3)5月3日<祭礼第二日>

5時頃から約30分間行われるアサギリによって朝を迎え、9時から(日向和田のみ8時開始)、19時30分まで山車巡行が行われました。

勝沼町の山車が9時に町内を出発、西分町・住江町・本町は町内東境で、仲町と上町は本町内で、東からやって来る山車を東向きで迎え、順次、巡行の列へ加わって西へと向かいました。森下町は本町内で、大柳町と天ヶ瀬町と滝ノ上町は駅前で、日向和田と裏宿町は仲町で東6町を見送った(西6町の停止位置は昨年から変更されました)後、東へと向かいました。その後、勝沼町と西分町は宮の平駅へ、大柳町・天ヶ瀬町・滝ノ上町・裏宿町・日向和田は勝沼町まで山車を進め、本町は裏宿町内で、住江町・仲町・上町は森下町西境で、森下町は住江町東境でそれぞれ折り返し、自町内へと戻りました。

午後の巡行は13時15分頃から順次開始されました。勝沼町で休憩した5町内は西へ向かい、住江町東境で待つ住江町・本町・上町、住江町内で待つ仲町、日向和田から戻り本町内で待つ西分町・勝沼町の迎えを受けました。その後、5町を見送った6町内は勝沼町まで進みました。午後から夕方の巡行では、青梅駅前を通過する時に、青梅駅前ロータリーまで進入する試みが初めて行われました(今年より青梅駅前ロータリーも車両通行止の交通規制が敷かれ、交通規制時間内での恒常的な山車通行が可能となったためです)。

東6町は、小休止の後、勝沼町内で西向きになり、より西側の町内を順に見送り、競演へと再出発しました。同じ頃、森下町西境では、西へ向かった5町とそれを送る森下町との間で「西6町競演」が行われ、その後、裏宿町・日向和田は西へと帰路をとりました。

17時15分頃から30分間、青梅駅前で勝沼町・西分町・住江町・本町による「4町競演」が行われ、祭礼は最高潮に達しました。同時刻、青梅市民会館前では、滝ノ上町・大柳町・天ヶ瀬町が森下町・上町・仲町の見送りを受け、南へと帰路をとりました。そこへ住江町・本町が合流、滝ノ上町が再び街道へ上がる形で「6町競演」が繰り広げられました。

その後、青梅駅前では、勝沼町と西分町との2台並走、住江町・本町・仲町・滝ノ上町の集合、住江町と本町との2台並走とロータリー周回が行われ、祭礼は終宴へと向かうのでした。

(4)追記

警察発表によると、今年の来場者数は16万人(過去最高)だったそうです。

TOKYO MXテレビでは、18時のニュース冒頭で青梅大祭が生中継で紹介された(2年ぶり)ほか、報知新聞では「青梅大祭地域記念号外」が発刊されて、12町内の祭典委員長と拍子木が写真入りで紹介されました。

そのほか、西多摩地域の魅力を伝えることを目的とした「ググッとタウン」によって4月中旬にフリーペーパー「おうめさんぽ」が創刊され、青梅大祭みどころガイドが掲載されましたが、何となく、祭礼を見たことのない方が記事を作成しているというか、どこかで見たことのある文章を圧縮しただけのような印象を受けました(しかも内容に誤りがありました)・・・。

 

平成27年まで
町名
ここが新しい
青地に「神功武」の大紋

本町

囃子の半纏を新調

「神功武」の大紋、腰に本町の角文字(正確には、本町囃子連及び、本町の青年組織「祭青会」の半纏)