(1)歴代ポスター (2)平成29年の記録 (3)平成28年の記録 (4)平成27年の記録 (5)平成26年の記録

(6)平成25年の記録(準備中) (7)平成24年の記録 (8)平成23年の記録 (9)平成22年の記録 (10)平成21年の記録

(11)平成20年の記録 (12)平成19年の記録 (13)平成18年の記録 (14)平成17年の記録 (15)平成16年の記録

(16)平成15年天下祭 (17)平成15年〜11年の記録

 

平成26年青梅大祭の記録

 

青梅駅前四町競演本年の青梅大祭は、5月2日(金)〜3日(祝)の両日とも晴天に恵まれ、しかも最高気温27度という暑さの中ではありましたが、盛大に挙行されました(主催:青梅大祭実行委員会と青梅市自治会連合会第一支会、協賛:青梅市自治会連合会と青梅市観光協会、協力:JR青梅駅)。

(1)4月28日周辺<神事関連>

4月28日(月)、住吉神社にて神事が執り行われました。また、前日の27日(日)には墨江町囃子連と瀧ノ上囃子連が囃子を奉納しました。

(2)5月2日<祭礼第一日>

山車はそれぞれの町内の中を巡行しました。

勝沼町:10時〜18時

西分町:12時30分〜19時30分

住江町・本町・仲町・上町・森下町・滝ノ上町:15時〜19時30分

大柳町・天ヶ瀬町・裏宿町・日向和田:12時30分〜18時

19時30分まで巡行した町内は、青梅駅で待機しながら、順次、住吉神社でお祓いを受けました。(尚、他の5町内は、3日午前中に住吉神社でお祓いを受けました。)

(3)5月3日<祭礼第二日>

5時頃から約30分間行われるアサギリによって朝を迎え、9時から(日向和田のみ8時開始)、19時30分まで山車巡行が行われました。

勝沼町の山車が9時に町内を出発、西分町・住江町・本町は町内東境で、仲町は住江町内で、上町は本町内で、東からやって来る山車を東向きで迎え、順次、巡行の列へ加わって西へと向かいました。大柳町・天ヶ瀬町・滝ノ上町は本町内で、森下町・裏宿町・日向和田は仲町内で東6町を見送った後、東へと向かいました。その後、勝沼町と西分町は宮の平駅へ、大柳町・天ヶ瀬町・滝ノ上町・裏宿町・日向和田は勝沼町まで山車を進め、本町は裏宿町内で、住江町・仲町・上町は森下町西境で、森下町は住江町東境でそれぞれ折り返し、自町内へと戻りました。

午後の巡行は13時15分頃から順次開始されました。勝沼町で休憩した5町内は西へ向かい、住江町東境で待つ住江町・本町・上町、住江町内で待つ仲町、日向和田から戻り本町内で待つ西分町・勝沼町の迎えを受けました。その後、5町を見送った6町内は勝沼町まで進みました。

この6町は、小休止の後、勝沼町内で西向きになり、より西側の町内を順に見送り、競演へと再出発しました。同じ頃、森下町西境では、西へ向かった5町とそれを送る森下町との間で「西6町競演」が行われ、その後、裏宿町・日向和田は西へと帰路をとりました。

17時15分頃から30分間、青梅駅前で勝沼町・西分町・住江町・本町による「4町競演」が行われ、祭礼は最高潮に達しました。同時刻、青梅市民会館前では、滝ノ上町・大柳町・天ヶ瀬町が森下町・上町・仲町の見送りを受け、南へと帰路をとりました。そこへ住江町・本町が合流、滝ノ上町が再び街道へ上がる形で、10分程度の「6町競演」が繰り広げられました。その後、青梅駅前での住江町・本町・仲町・滝ノ上町の集合の他、各所で最後の競り合いが行われ、終宴へと向かうのでした。

(4)追記

TOKYO MXテレビの「TOKYO MX NEWS」(5月2日18時〜)で、青梅大祭が中継で紹介されました。3分半ほどのニュースですが、番組トップでもキャスターのコメントが読み上げられるなど、年々、青梅大祭の注目度は高まっているようです。

 

平成25年まで
町名
ここが新しい

藍地、住吉神社本殿の額(小林天淵筆)を引用した「住吉」の大紋、腰に「宮本」の角文字

住江町

半纏を新調

藍墨地に「住吉」の大紋(字体は変更なし)