(1)歴代ポスター (2)平成29年の記録 (3)平成28年の記録 (4)平成27年の記録 (5)平成26年の記録

(6)平成25年の記録(編集中) (7)平成24年の記録 (8)平成23年の記録 (9)平成22年の記録 (10)平成21年の記録

(11)平成20年の記録 (12)平成19年の記録 (13)平成18年の記録 (14)平成17年の記録 (15)平成16年の記録

(16)平成15年天下祭 (17)平成15年〜11年の記録

 

平成24年青梅大祭の記録

 

青梅駅前四町競演にて前年は東北大震災の影響で青梅大祭が急遽中止され、本年は2年ぶりの開催となりました(主催:青梅大祭実行委員会と青梅市自治会連合会第一支会、協賛:青梅市自治会連合会と青梅市観光協会、協力:JR青梅駅)。5月1日の準備から4日の片付けまでの4日間とも雨に見舞われた祭礼は、ここ数十年来ないとも言われ、ある意味、人々の記憶に残るものとなりました。

(1)4月28日周辺<神事関連>

4月28日(土)、住吉神社にて神事が執り行われました。前日の27日(金)には墨江町囃子連と森下町囃子連が囃子を奉納しました。

(2)5月2日<祭礼第一日>

1日10時半頃から通り雨のような雨が時折降っておりましたが、それが夜に本格化。2日祭礼初日から雨に見舞われることとなりました。そのため、各町とも、当初予定されていた巡行路や時間を短縮しての町内曳きとなりました。

(3)5月3日<祭礼第二日>

多摩西部に大雨警報が発令される中(12時台に警報解除)、東6町(勝沼町・西分町・住江町・本町・仲町・上町)と西6町(森下町・天ヶ瀬町・大柳町・滝ノ上町・裏宿町・日向和田)に分かれて巡行が開始されました。東6町は、まず勝沼町が9時過ぎに西に向けて出発、西分町(勝沼町・西分町の境)、住江町(西分町・住江町の境)、本町(住江町・本町の境)、仲町(本町区域内)、上町(本町区域内)が東向きにて山車を迎え、西へ行く巡行の列に加わりました。その後、勝沼町と西分町は宮ノ平駅前まで進み、その他4町は森下町・裏宿町区域内で折り返して自分の町内へと戻ります。一方、大柳町と天ヶ瀬町(本町区域内:青梅駅前)、滝ノ上町(本町区域内)、森下町と日向和田と裏宿町(仲町区域内)は東6町を迎えた後、森下町は町内へ、その他5町は勝沼町へ向かいました。

13時20分頃から午後の巡行が開始され、また、次第に雨も上がりました。東6町は、住江町・本町・上町が住江町東境で、仲町が住江町区域内で、西分町と勝沼町が本町区域内で、それぞれ西5町を送った後、勝沼町まで巡行。裏宿町まで巡行した滝ノ上町・天ヶ瀬町・大柳町、西へ帰る日向和田・裏宿町、森下町の西6町は、森下町内西境の熊野神社前で勢揃いしました(西六町競演)。ここ数年来西6町競演は、3台ずつの競り合いでしたが、久しぶりの6台同時勢揃いとなりました。その頃、東6町は、各町内の西境で西向きに山車を送りながら順次、再び西進を開始しました。

17時30分頃には勝沼町・西分町・住江町・本町による4台勢揃いと競り合い(青梅駅前四町競演)、18時頃には大柳町と天ヶ瀬町(市民会館交差点を南進して町内へ)を送る仲町・上町・森下町・滝ノ上町と、駅前から合流した住江町・本町による青梅市民会館前競演、そして18時30分頃には住江町・本町・仲町・滝ノ上町による青梅駅前での30分間静か物(昇殿などの静かな曲を奏すること)の競演が行われ、その後、各地で競り合いを行いながら町内へ戻り、祭礼の夜は更けていきました。

(4)追記

前述したように、1日の通り雨から本降り、2日の一日中雨、3日の雨(午後小康状態に)、4日(時々雨)という極めて稀な祭礼となりました。口の悪い青梅っ子は、しばらくの間、「よっぽど今年は日頃の行いが悪(わり)いヤツがいたらしい」と冗談を言い合い、「2日間とも晴れるよりも、雨の方が記憶に残る」と返す人もいるのかもしれません。しかし、まずはお疲れ様でした。

小生には、知人との2年ぶりの再会も数多くありました。当サイトで祭礼カウントダウンを半ばやってみるなど、あれだけ楽しみにしていた祭礼にもかかわらず、町内曳きの途中に山車を離れて一旦家に戻ったりするなど、個人的に、何となく寄る年波を実感されられた祭礼でもありました(とは言え、祭礼後の放心状態と溜息は相変わらずです)。

 

平成23年まで
町名
ここが新しい
青地に「愛宕」の大紋、腰に梅

仲町(梅花連)

囃子の半纏を新調

金通縞に「愛宕」の大紋

「旭」の大紋

上町(旭連)

囃子の半纏を新調