(1)歴代ポスター (2)平成29年の記録 (3)平成28年の記録 (4)平成27年の記録 (5)平成26年の記録

(6)平成25年の記録(編集中) (7)平成24年の記録 (8)平成23年の記録 (9)平成22年の記録 (19)平成21年の記録

(11)平成20年の記録 (12)平成19年の記録 (13)平成18年の記録 (14)平成17年の記録 (15)平成16年の記録

(16)平成15年天下祭 (17)平成15年〜11年の記録

 

平成22年青梅大祭の記録

 

青梅駅前四町競演にて本年の青梅大祭は、5月2日(日)〜3日(祝)の2日間にわたり盛大に挙行されました(主催:青梅大祭実行委員会と青梅市自治会連合会第一支会、協賛:青梅市自治会連合会と青梅市観光協会、協力:JR青梅駅)。今年の祭礼は、両日とも天候に恵まれました。気温25度を超えたとも言われる高温の中ではありましたが、乾燥注意報が出されるほどカラッと乾き、各所での酒肴のおもてなし、ビールの美味しさとともに、記憶に残るものとなりました。

(1)4月28日周辺<神事関連>

4月28日(水)、霧雨の降る中ではありましたが、住吉神社の神社総代と氏子総代、12町の祭典委員長等が列席のもと、住吉神社宮司を中心に近隣の神社の神官によって神事がしめやかに執り行われました。尚、27日(火)には墨江町囃子連と畑中旭連が囃子を奉納しました。

(2)5月2日<祭礼第一日>

山車はそれぞれの町内の中を巡行しました。例年同様、この日は交通規制が敷かれませんが、日曜日開催のためか、例年になく観光客が多かったようです。

勝沼町は10時から、裏宿町は12時から、西分町・大柳町・天ヶ瀬町・日向和田の4町は12時30分から、それぞれ18時まで。

住江町・本町・仲町・上町・森下町・滝ノ上町は、15時から19時30分まで巡行し、住吉神社でお祓いを受けました。

(3)5月3日<祭礼第二日>

東6町(勝沼町・西分町・住江町・本町・仲町・上町)と西6町(森下町・天ヶ瀬町・大柳町・滝ノ上町・裏宿町・日向和田)に分かれて、往来を東西すみずみまで巡行しました。

東6町は、まず勝沼町が9時過ぎに西に向けて出発。順次、各町東境で山車を迎えながら、西に向かいます(自分の町内の境で待つことが基本ですが、近年、運行時間の関係で仲町と上町は、本町域内で待機)。西6町は、日向和田が8時、裏宿町が8時半、その他は9時にそれぞれ町内を出発し、青梅駅付近を先頭に東向きに隊列を整え、東6町を迎えた後に東へ向かいました。その後、勝沼町・西分町は宮の平駅まで巡行。住江町・本町・仲町・上町は森下町西境の熊野神社で、森下町は住江町東境でそれぞれ折り返して、自分の町内へ。その他西5町は勝沼町まで巡行。各々、そこで昼の休憩となりました。

午後、東6町は住江町・本町・上町が住江町東境で、西分町と勝沼町が青梅駅で、それぞれ西5町を送った後、勝沼町まで巡行、一方、森下町と合流した西6町は、裏宿町東境で裏宿町と日向和田を送った(西6町競演)後、青梅市民会館へ向かいました。東6町は、東よりの町内がそれよりも西の町内を送りながら西へ向かい、勝沼町・西分町・住江町・本町が青梅駅で競り合いを行い、一番の盛り上がりを見せました(青梅駅前競演)。住江町・本町は青梅市民会館で他の山車と合流し、下3町を送りました(市民会館前競演)。

その後、勝沼町・西分町は町内の居囃子3団体とそれぞれ最後の競り合いを行い、住江町・本町は、仲町と、送られながらも再び街道に上がってきた滝ノ上町と青梅駅前でしばらく囃子を披露し、森下町と上町も西で最後の競り合いを行い、祭礼の夜は更けていきました。

交通規制時間は9時から21時までですが、昨年からの改善が見られず、19時半に青梅市民会館より西側の交通規制が解除されてしまいました。また、3日午後、青梅駅前に警察がバリケードを築き、従来のように駅前ロータリーに山車が進入できませんでした。深夜までいり浸る若者対策のためとのことですが、ならば午後早くから敷かなければならないわけではないはずです。しかもここにタムロするのは地元の若者ではありませんので、祭礼関係者に全責任を押し付けていい問題ではないはず。にもかかわらず、特にここ数年来、いろいろな理由を付けて伝統文化である祭礼を絞めつけようとする姿勢が警察には見受けられるような気がしてなりませんでした。祭礼の継承が年々難しくなっていることを実感しました。

(4)追伸

大手新聞では青梅大祭を取り上げた記事はありませんでしたが、当ホームページは各地に出没いたしました。御世話になりましたので、以下御紹介します。西多摩新聞から取材を受けました。名前の公表などは諸事情により固く御断りさせていただきましたが、4月2日(金)に記事として反映されております。また、天下の「宮本卯之助商店」から依頼を受け、同商店西浅草支店で4月中旬から5月3日まで開催された青梅大祭企画展に、写真等をお貸しいたしました。その名も「青梅大祭へ行こう」だったそうです。

今年は、個人的に非常〜〜〜〜に大変な祭礼となりました。とは言え、両日とも「町内で」祭礼を迎えられたことの大切さをつくづく実感した一年でもありました。家族ともども、各方面でいろいろな方に御世話になり、本当に御礼申し上げます。

 

平成21年まで
町名
ここが新しい

「囃」大紋と腰に源氏車

師岡(居囃子)

囃子の半纏を新調

江戸紫地に「素戔鳴」の大紋