(1)歴代ポスター (2)平成29年の記録 (3)平成28年の記録 (4)平成27年の記録 (5)平成26年の記録

(6)平成25年の記録(編集中) (7)平成24年の記録 (8)平成23年の記録 (9)平成22年の記録 (10)平成21年の記録

(11)平成20年の記録 (12)平成19年の記録 (13)平成18年の記録 (14)平成17年の記録 (15)平成16年の記録

(16)平成15年天下祭 (17)平成15年〜11年の記録

 

平成21年青梅大祭の記録

 

青梅駅前四町競演にて本年の青梅大祭は、両日とも天候に恵まれ、5月2日(日)〜3日(祝)の2日間にわたり盛大に挙行されました(主催:青梅大祭実行委員会と青梅市自治会連合会第一支会、協賛:青梅市自治会連合会と青梅市観光協会、協力:JR青梅駅)。

(1)4月28日周辺<神事関連>

4月28日(火)、住吉神社の神社総代と氏子総代、12町の祭典委員長等が列席のもと、神事が執り行われました。尚、27日(月)には墨江町囃子連と仲町囃子連が囃子を奉納しました。

(2)5月2日<祭礼第一日>

山車はそれぞれの町内の中を巡行しました。

勝沼町は10時から、裏宿町は12時から、西分町・大柳町・天ヶ瀬町・日向和田の4町は12時30分から、それぞれ18時まで巡行。住江町・本町・仲町・上町・森下町・滝ノ上町は、15から19時30分まで巡行し、住吉神社でお祓いを受けました。

(3)5月3日<祭礼第二日>

東6町(勝沼町・西分町・住江町・本町・仲町・上町)と西6町(森下町・天ヶ瀬町・大柳町・滝ノ上町・裏宿町・日向和田)に分かれて、往来を東西すみずみまで巡行しました。

東6町は、まず勝沼町が9時過ぎに西に向けて出発。順次、各町東境で山車を迎えながら、西に向かいます(自分の町内の境で待つことが基本ですが、近年、運行時間の関係で仲町と上町は、本町域内で待機)。西6町は、日向和田が8時、裏宿町が8時半、その他は9時にそれぞれ町内を出発し、青梅駅付近を先頭に東向きに隊列を整え、東6町を迎えた後に東へ向かいました。その後、勝沼町・西分町は宮の平駅まで巡行。住江町・本町・仲町・上町は森下町西境の熊野神社で、森下町は住江町東境でそれぞれ折り返して、自分の町内へ。その他西5町は勝沼町まで巡行。各々、そこで昼の休憩となりました。

午後、東6町は住江町・本町・上町が住江町東境で、西分町と勝沼町が青梅駅で、それぞれ西5町を送った後、勝沼町まで巡行、一方、森下町と合流した西6町は、裏宿町東境で裏宿町と日向和田を送った(西6町競演)後、青梅市民会館へ向かいました。東6町は、東よりの町内がそれよりも西の町内を送りながら西へ向かいました。

勝沼町・西分町・住江町・本町が青梅駅で競り合いを行い、一番の盛り上がりを見せました(青梅駅前競演)。今回の競演では、昨年のような土壇場ではなく企画段階から計画が練り上げられ、青梅駅に向かって4台の山車が一列に並んだ後に、向かい合わせでの競り合いとなりました。これは、梶切り、囃子の両者の腕の見せ所となりました。

その後、住江町・本町は青梅市民会館で他の山車と合流し、下3町を送りました(市民会館前競演)。そして、東側では勝沼町・西分町と町内の居囃子3団体と、西側では、仲町・上町・森下町が、それぞれに盛り上がりを見せました。そして青梅駅では、住江町と本町、滝ノ上町が駅前道路で一列に並んだ後、それぞれの町内へと帰り、祭礼の夜は更けていきました。

(4)追伸

観光客の方には分かりにくいのですが、今年は山車巡行方法が変わりました。森下町が午前中に勝沼町まで行かずに西分町で折り返し、町内で昼休憩を取るようになった点です。他の旧祭礼町と足並みを揃えたいという町内からの要望があったためですが、この解決は一筋縄ではないかない問題であったために、従来から懸案事項となっていたものです。また、この変更によって、森下町は午前中の移動距離が各段に長くなり、昼食休憩を取れない危険性があると判断され、それを解消する案として、午前中の西6町の隊列順が変更となりました。その際、本来あってはならないはずの山車追い越しが公然と行われることとなりました。

実はこの一件は、祭礼としての文化を将来に残す上で、大きな課題を残したと言わざるを得ない事態です。一点目、当該町内が要望する時に「山車と山車人形一緒で観光客を迎えたいから」という理由付けを行った点。二点目、追い越し、昨年から顕著となった山車送りの向き等、しきたりや礼を知らない人々によって練られたと思わざるを得ないような山車巡行計画及び方法。三点目、様々な意見を表明できるような機会が設けられず、結果として様々な懸念事項について議論が尽くされていない。以上の点は、祭礼の伝統やしきたり、礼儀を軽視し、祭礼を軽視し、単なるイベントとして扱おうとする危険性を秘めております。すなわち、今後、祭礼の意義をも踏まえながら伝統行事としての祭礼文化を継承していけるか、という点で、当該町内の問題だけに止まらない問題を秘めているのです。それが認識されることのないまま、今後も「巡行時間」等という大義名分のために礼が失われていってしまうならば、ゆゆしき事態であるのです。

また、交通規制時間は9時から21時までですが、警察の指導によって、青梅市民会館より西側は19時半に交通規制解除、東側も19時半以降に露店商の車両を入れて21時の一斉解除と同時に道路をクリアにするという措置が取られました。しかし、歩行者の安全確保のためにも、そして、祭礼の余韻を楽しむためにも、車両進入は21時以降にしてもらいたいものです。