(1)歴代ポスター (2)平成29年の記録 (3)平成28年の記録 (4)平成27年の記録 (5)平成26年の記録

(6)平成25年の記録(編集中) (7)平成24年の記録 (8)平成23年の記録 (9)平成22年の記録 (10)平成21年の記録

(11)平成20年の記録 (12)平成19年の記録 (13)平成18年の記録 (14)平成17年の記録 (15)平成16年の記録

(16)平成15年天下祭 (17)平成15年〜11年の記録

 

平成20年青梅大祭の記録

 

4町競演にて本年の青梅大祭は、5月2日(金)〜3日(祝)の2日間にわたり盛大に挙行されました(主催:青梅大祭実行委員会と青梅市自治会連合会第一支会、協賛:青梅市自治会連合会と青梅市観光協会、協力:JR青梅駅)。今年の祭礼は、旧祭礼日である旧暦3月27〜28日にあたり、歴史的に非常に深い意味のある祭礼でした。しかし残念ながら、2日午後に本格化した雨が3日昼まで降り続いてしまい、その点で記憶に残る祭礼ともなってしまいました(両日とも雨が降ったのは非常に稀)。また、祭礼への人出は7万人でした。

(1)4月28日周辺<神事関連>

4月26日(土)、神社前に祭礼の幟が立てられ、祭礼が目前に迫ってきたことを告げました。翌27日(日)、住吉神社境内にて、墨江町囃子連と本町囃子連が神事の宵宮として囃子を奉納いたしました。そして、28日(月)、住吉神社の神社総代や氏子総代、12町の祭典委員長等が列席のもと、神事がしめやかに執り行われました。

(2)5月2日<祭礼第一日>

勝沼町(10時)、裏宿町(12時)、西分町・大柳町・天ヶ瀬町・日向和田(4町は12時30分)、住江町・本町・仲町・上町・森下町・滝ノ上町(6町は15時)の山車がそれぞれの町内を回りました(前者6町は18時まで、後者6町は19時30分まで)。最初は曇天でしたが、夕方頃になると本格的に雨が降り始め、断続的に強雨となる中で、町内曳きは終了いたしました。

(3)5月3日<祭礼第二日>

今年は、非常に残念ながら、従来よりも交通規制敷設時間が短縮されてしまいました(9時〜20時30分の間)が、祭礼は例年通り行われ、9時頃から19時30分まで山車が巡行しました(今年の本欄では、山車巡行について詳しく記しますが、山車巡行方法は基本的に昨年と同様)。

午前中の巡行は、11台の山車(勝沼町を除く)が東を向き、それぞれの東側の町境(一部山車は町境以外)にて、東から来る山車を迎えました。@東から西へ向かう山車6台の先頭は勝沼町となりますA西分町は勝沼町の山車を迎えた後に勝沼町の山車の後ろへついて西へ向かいますB住江町は勝沼町・西分町の山車を迎えてから2台の後ろへついて西へ向かいますC本町は勝沼町・西分町・住江町の山車を迎えてから3台の後ろへついて西へ向かいますD仲町は勝沼町・西分町・住江町・本町の山車を迎えてから4台の後ろへついて西へ向かいますE上町は勝沼町・西分町・住江町・本町・仲町の山車を迎えてから5台の後ろへついて西へ向かいます。Fその後、勝沼町と西分町の山車は日向和田(宮の平駅)へ向かい、その他4町内の山車は裏宿町付近で折り返して自分の町内へ帰りました。G一方、森下町、滝ノ上町、大柳町、天ヶ瀬町、裏宿町、日向和田の山車は、東6町を迎えた後に東端の勝沼町へと向かいました(西6町)。

午後の巡行が開始される頃、雨はようやく上がりました。午後の巡行は、午前とは逆で、勝沼町で折り返した西6町を東6町が迎えます。従来は、住江町は住江町東境で、本町、仲町、上町、西分町は本町区域内で、勝沼町は仲町区域内で送りましたが、今年は、住江町・本町が住江町東境で、上町は住江町区域内で、仲町は本町区域内で、西分町と勝沼町の山車が青梅駅まで戻って、西へ戻る森下町、滝ノ上町、大柳町、天ヶ瀬町、裏宿町、日向和田の6台の山車を送りました。尚、この時、本来は街道に沿った形で山車を向けるのが礼儀とされておりますが、安全対策のため、東6町はそれぞれ横丁等へ入り街道に対して直角に山車を向けて送る措置が取られました。ただ、見送る姿勢としては滑稽な姿でもありますので、今後、安全対策と礼儀とを両立させた方策を更に検討していかなければならないでしょう。

話は巡行に戻ります。東6町は見送り後勝沼町へ進入しました。一方、西6町の山車は西へ向かい裏宿町へ入り、そのまま帰路に着く裏宿町と日向和田の山車が、折り返して東へ戻る森下町、滝ノ上町、大柳町、天ヶ瀬町の山車を送りながら競演を行いました(16時頃の西6町競演)。

夕方、東6町の山車は、それぞれの西側の町境にて、自分の町内を去る山車を送りながら、再び西へ進路をとりました。東から仲町と上町、西から森下町3台の山車が青梅市民会館前で合流し、西から戻って町内へと帰る滝ノ上町・大柳町・天ヶ瀬町の山車を見送ります。その頃、本町・住江町・西分町・勝沼町の4町の山車は青梅駅前に集合して競演を行いました。この17時半頃の青梅駅前4町競演では、山車同士を非常に接近させながら競り合いを行い、青梅大祭の興奮は頂点に達しました。また、競演後、予定外且つ急遽でしたが、本年初めて、4台の山車が一斉に北に向けて整列しました(この時、できるだけ山車同士の間隔を空けないようにしたそうです)。

18時頃、駅前競演を終えた住江町・本町の山車が青梅市民会館前交差点に到着、仲町・上町・森下町の山車、更に、一旦送られた滝ノ上町の山車が集結して競演を行いました(市民会館前競演)。

その後、名残を惜しむように各地で競り合いが続けられましたが、別れの挨拶をして祭礼の余韻を残しながら山車はそれぞれの町内へと帰り、青梅大祭は終了したのです。