(1)歴代ポスター (2)平成29年の記録 (3)平成28年の記録 (4)平成27年の記録 (5)平成26年の記録

(6)平成25年の記録(編集中) (7)平成24年の記録 (8)平成23年の記録 (9)平成22年の記録 (10)平成21年の記録

(11)平成20年の記録 (12)平成19年の記録 (13)平成18年の記録 (14)平成17年の記録 (15)平成16年の記録

(16)平成15年天下祭 (17)平成15年〜11年の記録

 

平成19年青梅大祭の記録

 

本年の青梅大祭は、5月2日(水)〜3日(祝)の2日間にわたり盛大に挙行されました(主催:青梅大祭実行委員会と青梅市自治会連合会第一支会、協賛:青梅市自治会連合会と青梅市観光協会、協力:JR青梅駅)。両日とも好天に恵まれ、人出は過去最高の15万人を記録したとのこと。3日夕方(勝沼町にて撮影)

第1日目は、町内曳きのみが行われました(巡行は昨年同様)。

第2日目は、5時から順次行われる「アサギリ」で、祭が始まります。そして、9時から21時まで青梅街道上(勝沼町交差点〜日向和田3丁目交差点間)に交通規制が敷かれ、山車が各地を往来しました。山車と山車が出会う時には「競り合い」が行われ、各所、賑やかで華やかな祭礼絵巻が繰り広げられました。今年は、午後の巡行方法が若干変更となり、東向きの山車は路地などへ退避して西向きの山車を迎える措置が取られました(旧来は道路上で挨拶を交わしていましたが、実行委員会側の説明によると、競り合い時に観光客が集中するため、山車の身動きもままならず、万が一を考えた場合の安全対策とのこと)。その他、16時頃に森下町と裏宿町との間付近で西6町の山車が3台ずつで競り合いを行いながら往来する西6町競演、17時30分頃から東4町の山車による青梅駅前競演(その後2町によって木遣りが披露されました)、17時50分頃から青梅市民会館前にて6台の山車による競演がそれぞれ行われ、祭礼の興奮は最高潮に達しました。

ちなみに、「るるぶ」(2007年奥多摩版、2007年福生・青梅他版)と「散歩の達人」5月号に、青梅大祭の記事が掲載されました。

 

平成18年まで
町名
ここが新しい

上町

山車人形の衣装一式と御旗等を復元新調

勾欄塗り直し

住江町キネマ通入口東側の地所(この場所にテナントが入った)

住江町

住江町と西分町との境付近の店舗内に人形場が移動

黄緑の地に、斜め駒型に「も」字

森下町

囃子の半纏を新調

鉄錆の地に武内宿禰の大紋

紺地に摩利支天尊

裏宿町

囃子の半纏を新調

茶地に賽で裏宿町