(1)歴代ポスター (2)平成29年の記録 (3)平成28年の記録 (4)平成27年の記録 (5)平成26年の記録

(6)平成25年の記録(編集中) (7)平成24年の記録 (8)平成23年の記録 (9)平成22年の記録 (10)平成21年の記録

(11)平成20年の記録 (12)平成19年の記録 (13)平成18年の記録 (14)平成17年の記録 (15)平成16年の記録

(16)平成15年天下祭 (17)平成15年〜11年の記録

 

平成18年青梅大祭の記録

 

住吉神社に立てられた幟平成18年青梅大祭は、5月2日(月)と3日(祝)に行われました(主催:青梅大祭実行委員会と青梅市自治会連合会第一支会、協賛:青梅市自治会連合会と青梅市観光協会、協力:JR青梅駅)。今年は、残念ながら2日は荒天となってしまいましたが、3日は快晴になり、盛大に挙行されました。新聞報道によって来場者数は異なりますが、道路上での賑わいを見る限り、過去最高を更新し、おそらく約12万人であったと推測されます。当ページでは、時系列で青梅大祭の様子を紹介していきます。

 

4月27日:住吉神社に幟が立つ

今では、江戸時代の資料や明治時代の古写真などで確認できるくらいとなってしまっておりますが、その昔、祭礼の時には、住吉神社と各町内境に幟が立っていました。現在では、町境に幟を立てるのは困難をきわめますが、その中、住吉神社では、大正時代以来、約90年ぶりに幟が復活することに。

幟の基底部分の工事(掘削等)は既に以前から施工されていましたが、この日の午前中、幟の組立作業が行われました。当日は、朝まで雨模様でしたが、この作業に合わせたかのように時々晴れ間も見え、昼前に無事、左右2本の幟が立ちました。作業では、クレーンこそ使われたものの、幟の様式等は基本的に古式に則ったものとのことです。また、作業後に神事が執り行われました。

幟の文言は、住吉神社との関連が深い延命寺の住職の筆による「奉献 住吉大明神」です。棹は1本の木からとったものですので、風に揺れた時のしなりや軋みの音は素晴らしく、往時の祭礼風景が甦りました。

 

4月28日:住吉神社神事

現在の青梅大祭では、神事と祭礼が別の日に行われております。この日、青梅大祭実行委員会や各町祭典委員長等が列席のもと、11時から住吉神社にて神事が挙行されました。

それに併せて、神事前日の宵宮では、奉納囃子が披露されました。今年は、墨江町囃子連と柳連が参加。いつもは住吉神社境内が会場となりますが、残念ながら雨のため、屋内で行われました。

5月2日:町内曳き

3日夕方(勝沼町にて)それまでゴールデンウィーク中はずっと晴れという予報だったのに、5月1日に急に予報が変わりました。「明日は雨ってニュースで言っていたぞ」という言葉は俄かには信じられなかったものの、事実、2日は朝から大雨に・・・。おまけに午前中は雷まで鳴る始末。そんな中、予定時刻通りとはいかなかったものの、早い町内は10時頃から、その他の町内でも正午頃又は15時頃から、予山車の巡行が開始されました。雨は小雨と本降りを断続的に繰り返しながら、夕方頃、人々の熱気によって徐々に小康状態になりました。夜には完全に止み、翌日の晴天を約束してくれました。

当日の巡行は、基本的に各町内のみです。また、交通規制も全くありません。そのため、競り合いもほとんどありませんでした。しかし、夕方には、東青梅駅に2台、青梅駅周辺にも数台の山車が集合しました。また、昨年から居囃子の演奏が2日も可能になり、囃子の音があちらこちらで聴こえる中、祭礼日1日目の夜は更けていきました。

5月3日

5時頃からのアサギリによって目を覚まします。9時から21時までの間、青梅街道上(勝沼交差点〜日向和田交差点)に交通規制が敷かれ、巡行も開始。大まかな巡行は昨年と変わりませんでしたが、各所で競り合いが繰り広げられてました。16時頃には、東では勝沼町にて山車6台が休憩をし、西では森下町の熊野神社付近で西6町競演が行われました。その後、17時半頃青梅駅前では4町競演が、18時半頃青梅市民会館前で6町競演が行われ、祭礼の熱気は頂点に達しました。

 

平成17年まで
町名
ここが新しい

さめ小紋を染め抜いた藤色の地に、吉原と勝見草

勝沼町

囃子の半纏を新調

黒地に網目模様の襟、前は江戸文字で「神明」と「石動(いするぎ)」の文字、後ろは花文字「囃子」をそれぞれ染め抜く

「囃子」の大紋

師岡(居囃子)

半纏を新調

「師岡将影」の大紋