(1)歴代ポスター (2)平成29年の記録 (3)平成28年の記録 (4)平成27年の記録 (5)平成26年の記録

(6)平成25年の記録(編集中) (7)平成24年の記録 (8)平成23年の記録 (9)平成22年の記録 (10)平成21年の記録

(11)平成20年の記録 (12)平成19年の記録 (13)平成18年の記録 (14)平成17年の記録 (15)平成16年の記録

(16)平成15年天下祭 (17)平成15年〜11年の記録

 

平成17年青梅大祭の記録

 

平成17年青梅大祭は、5月2日(月)と3日(祝)に行われました(主催:青梅大祭実行委員会と青梅市自治会連合会第一支会、協賛:青梅市自治会連合会と青梅市観光協会、協力:JR青梅駅)。今年も、両日とも天候に恵まれ、また、盛大に催されました。公式発表によると、3日の人出は105000人で、過去最高記録だそうです。

今年は、2日(町内曳き)の巡行時間が一部変更されました。従来通りの巡行をする町内があった一方で、今までよりも遅くに巡行を開始して、19時30分頃まで山車を曳くという町内がありました。ずいぶん昔の話のようですが、宵宮が行われていたそうなので、宵宮復活に向けた第一段階ということでもあるようです(小生としては、巡行時間をずらすというのではなく、延長して欲しいところですが・・・)。2日は大々的な競り合いは残念ながらあまりないのですが、その中で、青梅駅や東青梅駅では、山車が出会う時間帯もあり、盛り上がりもありました。

3日は、9時から21時まで青梅街道上に交通規制が敷かれ(勝沼交差点〜日向和田3丁目交差点)、山車は、各所で競り合いを繰り広げながら、9時から19時30頃まで巡行されました。また、熊野神社前西6町競演、青梅駅前4町競演、青梅市民会館前競演も行われました。

その他、例年の4月28日(木)11時から住吉神社で神事が執り行われた他、青梅大祭実行委員会初の試みとしては、4月27日夜〜3日夜まで、青梅駅前から青梅街道に出るまでの商店街に、提灯がぶら下げられました。

 

平成16年まで
町名
ここが新しい

住吉神社の2〜3軒東

住江町

人形場の場所

今まで人形場となっていた場所が店舗となり、住江町キネマ通入口東側の地所に移動(この写真からは分かりにくいが)

 

 

西分町

西分神社社務所の場所

場所移動

薄青の地に黒字で「北辰」(=北斗七星)の大紋、腰に青い神紋・七曜紋と白抜きの源氏車

西分町

半纏を新調

黒に「西分」の角文字の地、白抜きで「北辰」の大紋

 

西分町内の小学生が務める

西分町

手古舞

小学生の他、若い女性が務めた(少子化に伴い、今年初募集)。青地の吉原つなぎの着物を片肌脱ぎにして裁付袴、肩から花傘をかける。

(新登場)

勝沼町

猿田彦の登場

青梅の祭礼では行われてこなかった風習であるが、、初めての試みとして、「猿田彦」が山車行列を先導(写真は平成18年に撮影)

(新登場)

本町

花笠と高張り提灯

拍子木・手古舞だけでなく、祭典役員も花笠(一文字笠)を使用。また、山車の先頭には、高張り提灯2本を掲げる。

茶地に「和」の纏、腰に源氏車

日向和田

梶切りの半纏を新調

黄地に纏、腰に源氏車

<追伸>

「春ぴあ」(3月発売)に、「東京の祭−神輿編」として、約10の東京の祭が紹介されてる中に、青梅大祭が掲載されました。山車の祭である青梅大祭が何故・・・という気もします。また、「Tokyo Walker」(4月26日発売の5月10日号)に、青梅大祭の記事を2つ見つけました。1つ目は「東京GW天国!!」。露店出店数別で紹介されています(地図が間違っているのが気になります)。もう1つは、232ページ「マチネタ! West Side」コーナー。半ページのスペースで青梅大祭が紹介されています。かつて、是ほどのスペースを割いて青梅大祭のことをカラー記事にした雑誌があったでしょうか。その他、今年は、各新聞で青梅大祭が紹介されています。まだまだ、全国紙の多摩版や、西多摩地域の新聞で紹介されている程度ですが、年々、青梅大祭に対する認知度は高まっているようです。いつか、きっといつか、全国紙に・・・。