(1)歴代ポスター (2)平成29年の記録 (3)平成28年の記録 (4)平成27年の記録 (5)平成26年の記録

(6)平成25年の記録(編集中) (7)平成24年の記録 (8)平成23年の記録 (9)平成22年の記録 (10)平成21年の記録

(11)平成20年の記録 (12)平成19年の記録 (13)平成18年の記録 (14)平成17年の記録 (15)平成16年の記録

(16)平成15年天下祭 (17)平成15年〜11年の記録

平成16年青梅大祭の記録

 

3日午前中の競り合い(仲町と勝沼町)平成16年青梅大祭は、おかげさまで2日間とも天候に恵まれ、盛大に行われました。

今回の青梅大祭は、昨年の江戸開府400年記念天下祭への参加(山車1台、山車人形2体)の効果か、人出が多かったそうです。一昨年の来場者が7万人、昨年が7万5千人、今年は9万5千人だったとのこと。但しこの数字は、3日のみの集計であり、2日を含めると、10万人以上が青梅大祭に訪れたという噂もあります。また、青梅大祭への来場とは直接関係ないかもしれませんが、当サイトも5月2日の1日だけで700以上のアクセスがありました。青梅大祭への注目は年々上がっているようですし。当サイトが、青梅大祭に少しでも貢献していたのであれば、管理人としても嬉しい限りです。

さて、青梅大祭実行委員会では、初めて試みとしてポスターを作成したようです。市内各所に貼られていましたし、何と、JRの駅でもポスターを見かけました。今後も、ポスター等の広告媒体を使うことは、有効な手段だと思われます。また、毎年作られている青梅大祭のチラシも、デザインが全面的に改訂され、全12町について簡単な紹介文が掲載されるようになりました。

平成16年の大祭では、「住吉神社青梅大祭」という名称から「青梅大祭」という名称に公式に変わりました。様々な事情から改称されたらしいのですが(小生も噂は聞いています)、祭典として、より大きく盛り上げていくためのようです。住吉神社という名称は省かれましたが、神事については、従来通り、続けていくというようですので、小生は安心しております。

山車巡行については、小生の知る限りでは、例年とほぼ変わらなかったようです。本当は、今回の青梅大祭の様子を写真でご紹介していきたいのですが、小生も祭に参加している身ゆえ、「これぞ今年の青梅大祭」と言える写真があまりに少ないので、御勘弁下さい。特に、競り合いの写真は、お見せできれば良かったのですが、いつも山車の近い位置にいるので、カメラに収められないのです。やはり、祭は写真などではなく、その場で体感するものなのかもしれません。

小生が調査できた範囲ですが、各町内で変更があった点を、以下に掲載します。

平成15年まで
町名
ここが新しい

山車二層目の幕を人形の周囲に配置した人形場

仲町

人形場の場所

天井の高い屋内での、二層展示による人形場

左写真:通常の黄地のもの

右写真:幹部が着用する鶯色のもの

西分町

囃子連の半纏を新調

黒に亀甲紋の地、「妙見」の大紋、後ろ襟に神紋である七曜紋

般若面柄の鯉口と股引

上町

梶切りの半纏を新調

従来の鯉口・股引の上に龍柄の半纏を着用

黄緑地に「祭」の大紋

森下町

梶切りの半纏を新調

赤煉瓦格子の地、纏頭の駒形に「も」字