(1)歴代ポスター (2)平成29年の記録 (3)平成28年の記録 (4)平成27年の記録 (5)平成26年の記録

(6)平成25年の記録(編集中) (7)平成24年の記録 (8)平成23年の記録 (9)平成22年の記録 (10)平成21年の記録

(11)平成20年の記録 (12)平成19年の記録 (13)平成18年の記録 (14)平成17年の記録 (15)平成16年の記録

(16)平成15年天下祭 (17)平成15年〜11年の記録

平成15年青梅大祭の記録

平成14年まで
町名
ここが新しい
吉原つなぎに「祭」の大紋

天ヶ瀬町

半纏を新調

より細かい吉原つなぎに「天」の大紋
ボルト締の小太鼓

勝沼町

締太鼓を新しく購入

蛇の目の縄締めの太鼓

 

 

平成14年青梅大祭の記録

平成13年まで
町名
ここが新しい
紺地に摩利支天尊

裏宿町

囃子連半纏を新調

併用

 

 

平成12年青梅大祭の記録

平成11年まで
町名
ここが新しい

本町

山車人形

山車人形の衣装等を復元新調(神功皇后の長絹・大口袴及び腰帯、応神天皇の産衣、宿弥の上着・袴及び腰帯、錦の御旗(金の太陽と銀の月と雲)

(写真は「山車と人形」参照のこと)

本町

山車二層目の幕

山車二層目の幕「飛雲に鳳凰」を復元新調(刺繍を古い幕から切り離し、復元新調した新しい幕に貼り付け)

手刺繍ではなく、絵の具で塗ってある部分が一部存在

 

 

 

本町

山車の幕

山車の幕を復元新調(緋羅紗地に手刺繍の鮎を復元)

江東区福井町から購入したため、大祭時のみ「福井町」と名乗る

 

 

上町

山車全面改修

囃子座と山車人形の収まる場所を高欄で切り離す

山車全面改修に伴い、「上町」に統一

巴紋の幕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上町

山車の幕を新調

左右幕:日本武尊の白鳥伝説をもとにした萌黄色の幕

見送り幕:山車人形の額「武尊」を拡大し縦書きにしたもの

紺地に稲妻、襟に勝沼城主三田氏の紋をもとにした赤色の円に扇子と「勝沼」の文字、背中に「囃子」の大紋

 

勝沼町

囃子の半纏を新調

さめ小紋を染め抜いた藤色の地に、吉原と勝見草

 

 

平成11年青梅大祭の記録

平成10年まで
町名 ここが新しい

鳶職が担当

 

 

勝沼町

梶切り

山車制作50周年を記念して、町内有志が梶切りを担当

それに伴い、半纏を新調

勝沼町

水引幕を新調

紺地の水引幕を新調、金色のフサを取り付け