当サイトでは、青梅大祭に関するサイト、各地の祭礼に関するサイト、青梅に関するサイトなど様々なホームページにリンクしています。バナーまたはホームページの題名をクリックすれば、別ウィンドウで開くことができますので、是非訪れてみてください。当サイト管理人が一言を添えましたので、訪問の際の参考になさってください。

 

他サイトから当サイトへのリンクについて

当サイトはフリーリンクを御遠慮いただいております。相互リンク申し込みの方、リンクを張っていただける方は、に貴ホームページアドレスを記してご一報ください。また、リンクしていただける際は、もしよろしければ下のバナーをお使いください。是非、相互リンクしましょう!!

 

青梅大祭関連サイト

バナー
管理人の一言
墨江町囃子連
住江町の墨江町囃子連オフィシャルサイト。おそらくその威勢のよさは、青梅一、否、世界一かもしれません。<相互>
本町囃子連オフィシャルサイト。2007年に囃子連再興30周年を迎え、伝統を継承。<相互>
青梅仲町囃子連
仲町囃子連オフィシャルサイト。重松流を継承し、青梅大祭に若い風を吹き込む方々の日々の活動が紹介されている。
森若囃子会
森下町の森若囃子会オフィシャルサイト。2005年秋以降一旦閉鎖されていたが、2008年4月オフィシャルサイトとして復活。
瀧ノ上町囃子連
滝ノ上町の瀧ノ上町囃子連オフィシャルサイト。練習の他、様々な活動を紹介。<相互>
大柳町共和会囃子部オフィシャルサイト。大祭の様子を中心に、日頃の活動が紹介されており、囃子の教本(一部)も見られる。<相互>
100年以上もの歴史を誇る西分町囃子連のオフィシャルサイト。画像を中心に西分囃子連を紹介。オフィシャルグッズもあるようです。<相互>
青梅大祭に居囃子で参加する下長渕囃子連の鮎太郎氏のサイト。青梅大祭や調布大祭の他、青梅では珍しい芝・金杉流を継承する下長渕囃子連の紹介など。囃子の音源は、データが重いものの、きれいに入っており、一聴の価値あり。<相互>
■わざっと通信■
市内在住で、墨江町囃子連や消防団で御活躍のさか氏のブログ。囃子、消防、職場、スポーツなど話題が幅広い。2007年12月末日に一旦停止したが、名称を変えて2008年5月復活。小生も愛読中だったが、残念ながら2012年始め頃に閉鎖されたようだ。<相互>
市内在住の和田義男氏によるフォトサイト。青梅大祭を「激写」なさっている他、日本や海外の写真も収められている。青梅大祭のない時期は、小生も旅に出たい・・・。<相互>
小平市在住のすばるf4氏のフォトサイト。青梅大祭は「別館写真館」に収められている。被写体の一瞬一瞬の表情をとらえた写真が、青梅大祭当日の雰囲気を伝える。<相互>
八王子在住の一成氏のフォトサイト。青梅大祭の一日の様子が写真で収められている。

 

各地の祭礼関連サイト

バナー
管理人の一言
東京都神社庁
東京都の神社を包括する東京都神社庁のサイト。人生儀礼や年中行事、神棚、お参りの作法などの他、都内の神社が検索可能。祭礼は、単なるイベントではなく、氏子が主体となって楽しむものであり、実は、祭礼は神社抜きに語れません。
日本全国の「曳山」が地域別・季節別ごとに体系的に網羅されている。祭初心者のほか、祭ファンも必見!<相互>

山本哲也氏が運営するサイトで、お祭に行く又は参加する際のお役立ち情報満載。日本全国の祭の予定をメールマガジンにて発行。

@niftyお祭りフォーラム
ゆたか氏がマネージャを務める祭好きのための会議室。@nifty会員しか入室できないが、「勝手にお祭りリンク」掲示板は誰でも利用可能。残念なことに2004年9月閉鎖。
Festa―川島織物セルコン
山車幕や人形衣装の復元や新調を数多く手掛ける、京都の株式会社川島織物セルコンの祭礼懸装品サイト。尚、平成18年に川島織物とセルコンが合併。
以前「門前町」というサイト名であったが、祭に特化したサイトとして、生まれ変わった。全国の祭サイトの種類別・季節別データベースと祭リングを所蔵。
個人が運営するサイトで、内容が秀逸。各屋台や山車の構造などの情報も充実。また、各地方の山車の相関関係を調査するなど、マクロな視点で捉えていることが特徴。祭好きには堪らないサイトの1つだが、画像が多いためナローバンドの方は気長に待つべし。<相互>
山車・だんじり悉皆調査
大阪府岸和田市の方による調査記録。文字情報だが、その情報量及び収集力に脱帽。

2006年4月創刊の雑誌「祭遊記」(フリーペーパー)のサイト。祭に関する雑誌は希少で、無料配布という点でも注目していたが・・・。

関東山車屋台要覧
東日本祭礼風流研究会によるサイト。関東各地の山車の写真が、それこそ「要覧」できたが、現在行方不明。
関東山車コレクション
飯能のゐちむら氏によるサイトで、2011年に「やまぐるま」から旧称「関東山車コレクション」にリニューアルオープン。各地の山車の写真や祭ポスターを掲載しており興味深い。両眼視差によって写真を立体的に見せる「ステレオ写真」が以前掲載されていた。人が写らないように山車を撮影するこだわりは、NHK-BSでも紹介されたほど。<相互>
江戸(東京)の祭囃子
神田囃子を紹介しており、囃子やその歴史、譜面、果ては練習方法などかなり詳しい。神田囃子の画像もあり。
西平の神田探偵団
神田の西平(にしへい)氏による、神田多町(たちょう)二丁目の過去・現在・未来に関するサイト。神田祭や天下祭などの情報もある。徹底的に神田にこだわった月刊「神田画報」も編集。
東京都府中のmurataya氏による、くらやみ祭のためのサイト。用語辞典を含め、くらやみ祭の解説が充実。くらやみ祭と言えば、青梅大祭と開催日が重なっているが、うまく日程を組んで、両方の祭を御覧下さい。<相互>
昭島市の福島芝囃子のサイト。囃子の紹介や祭礼の写真などが掲載されている。<相互>
埼玉県の中近巴會によるサイト。中近笠鉾及び囃子を中心に秩父夜祭を紹介し、秩父夜祭をバックアップ。その情報の種類・量は、多岐にわたっており、リンクも充実。秩父夜祭を見に行くなら、是非一読を。<相互>
個人のサイトのようだが、表紙にそれが表れているように、すっきりしていて見易い。特に、茨城の祭に詳しいデータベース。<相互>
遠州掛塚屋台祭り
静岡県竜洋町掛塚の井熊氏によるサイト。掛塚屋台祭りについて様々な側面から紹介。屋台・山車・だんじりの全国的なホームページも調査中。<相互>
静岡県磐田市中泉の玉匣社祭研究会によるサイト。府八幡宮祭典について、組織図などを含めて詳細に紹介。祭典当日に「お祭新聞」を発行したり、各地の祭レポートを投稿したり、研究活動も活発。<相互>
おぎょん
沼田祇園囃子保存会の鈴木氏が管理するサイト。画像や動画が多く収録されている。「お祭バカ度診断」も面白い。<相互>
尾張西枇杷島まつり
愛知県清須市西枇杷島町のジロ氏が管理するサイト。6月に行われる祭礼で、名古屋型の山車5両やからくり人形などが紹介されている。<相互>
大阪府岸和田市岸城町が運営する全国だんじり発信基地。岸城神社の由緒や岸和田だんじり祭の由来を紹介する一方、全国の祭・神社のリンクもある。<相互>
佐倉の唐丸氏が管理するサイト。特に江戸祭囃子、篠笛についての解説が充実。音源はストリームで提供されている。<相互>
槻の屋神楽
大蛇伝説の地で出雲神楽を伝承する槻の屋神楽のサイト。貴重な映像・写真資料とともに、お神楽を詳しく知ることができる。<相互>
「和」のための、「和」の検索エンジン。念のため、ワホーではない。当サイトは、2005年2月5日付で掲載されました。<相互>
和の趣味のページ
東京生まれ東京育ちの風鐸瓔珞氏のサイト。一言で「和」と言っても、芸能、着物、食物、地理、歴史・・・と幅広いが、それらの基本を丁寧に紹介している。和の心とは何かを改めて気づかせてくれる。<相互>
東京の鈴木氏が収集する日本の伝統文化・伝統芸能・伝統芸術に関連したリンク集。<相互>
宮本卯之助商店
言わずと知れた、浅草の太鼓・神輿等専門店。道具購入や修理等で御世話になっている囃子連は多い。2010年の5月に西浅草店で行われた企画展で資料を提供させていただきました(サイト管理人のちょっとした自慢です)。
茨城県の名入り木札と山車の制作会社。石岡系の山車を制作。<相互>

 

青梅関連サイト

バナー
管理人の一言
青梅市自治会連合会
青梅市自治会連合会オフィシャルサイト。各町内の自治会が地域ごとにまとまったものが「支会」、それを統括するのが自治会連合会。青梅大祭に関連するのは「第一支会」である。第一支会は青梅の中でも自治会加入率が高いといわれるが、それでも近年は70%代まで低下。地域の防災や安全、消防団活動、環境美化などは自治会組織がなければすべて成立しない。自治会は決して「しがらみ」ではない!!
青梅市役所
東京都青梅市オフィシャルサイト。ちなみに、2007年9月から行政情報と防犯情報をメールで配信するサービスが開始された。
青梅商工会議所
青梅商工会議所オフィシャルサイト。
青梅市観光協会
青梅大祭を後援(平成17年から)する青梅市観光協会オフィシャルサイト。不定期に送られてくるメールマガジンでは、旬の情報を教えてくれる(しかし、青梅大祭のことは教えてくれたことがない・・・)。
青梅市図書館
青梅市内全図書館の蔵書検索が可能。尚、ドラマ「ゼロの焦点」のロケに使われたこともあった青梅市中央図書館(以前は東京都立青梅図書館だった)は、残念ながら、平成20年3月、仲町から河辺の東京都所有ビル内に移転してしまった。仲町の旧中央図書館は同年4月、中央図書館分館として改装され開館。
青梅本町商店会
本町商店会のサイト。店名や品名などから店舗検索が可能。ポイントのたまる「プラムカード」もあり。
住江町商店街振興組合
住江町商店街振興組合のサイト。住江町の商店や職人を紹介。
青梅赤塚不二夫会館
ギャグマンガの巨匠・赤塚不二夫の記念館。映画看板が縁で、平成15年、住江町に開館。「シェー、ここでいいのか?」と小生は未だ信じられないが、「ここでいいのだ!」
昭和レトロ商品博物館
懐かしい商品を展示する資料館。住江町の家具屋であったところを改装して平成11年開館。ちなみに、博物館になる前は、青梅大祭の時、デカイぬいぐるみが並んでいたような気がする(当たりか何かで時々鳴るガランガランというカネの音がしていた)。
青梅鉄道公園
昭和32年に旧国鉄が開設し、現在ではJR東日本が所有する公園。勝沼神社をさらに奥に上ったところにある。C51(現在は鉄道博物館へ移動)やD51など多数の蒸気機関車、0系新幹線、チョコレート色のクモハ電車など本物の車両が見られる。無料だった頃は小生の遊び場の一つで、館内の模型鉄道パノラマは飽きずによく見ていた。
玉堂美術館
日本の四季や原風景を描いた日本画壇の巨匠で青梅名誉市民でもある川合玉堂の美術館。季節に応じて展示替えを行っている。玉堂は、疎開から亡くなるまでの十数年間を御岳で暮らした。弟子である宇佐美江中氏は現在も青梅在住。ちなみに、玉堂の主治医であったK医院も市内で開業中。
吉川英治記念館
「新平家物語」「三国志」「太平記」「宮本武蔵」などを執筆した国民的作家で青梅名誉市民でもある吉川英治の記念館。吉野村に約10年間疎開していた時の住まいである「草思堂」や貴重な資料を公開している。
青梅市立第一小学校
明治初期に創立され130年以上の歴史を誇る伝統校で旧称「青梅小学校」。青梅大祭の12町内のうち11町内と千ヶ瀬町の一部を学区とする。永山を背にし、町場を望む絶好の場所に立地。剣梅鉢紋を校章とするのも珍しい。
青梅市立第四小学校
1小学区の児童数の多さのために青梅1小から分離して2小として開校。後に、1小と調布村にある現・2小との名称争いの末に、この小学校が4小と改称された歴史を持つ。学区変更などがあり、現在は、勝沼町や、同校周辺の東青梅・根ヶ布などの地域の児童が通う。実は、西條八十が校歌を作詞。
青梅市立第一中学校
12町内すなわち青梅市自治会連合会第一支会全地区と、千ヶ瀬町の一部を学区とする中学校。老若男女問わず、祭礼関係者には1中卒が圧倒的に多い。世代を超えて、同じ先生の話題で盛り上がることも。

明星大学青梅キャンパスの協力を得て、子どもたちのために作られた情報サイト「おうめ子ども情報局」。以前は、青梅大祭に関するページで当サイトの写真を使って頂いていました。

青梅マラソン
「円谷選手と走ろう」を合言葉に昭和42年に始まった青梅マラソンのオフィシャルサイト。毎年2月第3日曜日に開催され(過去、東京マラソンの関係で開催日を移動させられたこともある)、10時スタートの10キロの部と、11時50分スタートの30キロの部が行われている。

青梅と私

青梅の広場

市内在住の澤田健氏のサイト。「青梅と私」では、青梅に関する情報が豊富であり、掲載写真は、「あぁ、この場所ね」というローカル性が反映されていて、面白い。「青梅の広場」は、市内ネットワークの拡充に焦点が当てられている。<相互>

茂木久恵のホームページ
市内在住の茂木久恵氏のサイト。青梅の昔話、七福神などを地図で紹介。また、昭和初期の勝沼の山車の写真が見られる。
市内在住の斎伽雅(さいが・みやび)氏とあきる野市のHirota.B氏が運営するイラストサイト。左絵のような自作イラストを主に公開。<相互>
青梅信用金庫
「人生はマラソン 応援します」「地域で一番のめっこい」(2007年春から使用)のキャッチフレーズでおなじみ、仲町で発祥し、勝沼町に本店を置く信用金庫。青梅マラソンや青梅大祭、青梅市納涼花火大会を支える。
カネクわさび株式会社
わさびといえばカネク。日向和田のわさび屋さん。尚、青梅のわさびは有名だが、自生ではなく栽培が多いので、勝手にわさび田に踏み込んで取っていかないで下さい。
澤乃井
銘酒「澤乃井」の小澤酒造。青梅市の飲み屋や酒店の多くで取り扱っている。また、大祭時には、記念酒「青梅大祭」を販売。澤乃井は小生も愛飲。
白木屋呉服店
住江町の呉服屋さん。「しろきや」と読む。敷居が高そうで小生は未だに入れないが、いつかはここで着物を仕立てたいと思わせる店。
精興社
青梅版プロジェクトXと言われる、活版印刷の精興社書体で有名な印刷屋さん。日本で最後まで活版印刷を続けていたが、残念ながら1995年で打ち切り、現在はオフセット印刷のみ。
創作呉服しらい
勝沼町の創作呉服屋さん。
TCN
青梅市・羽村市・福生市の地域密着ケーブルTV「多摩ケーブルネットワーク」。開局以来、青梅大祭を生中継(以前は12時間であったが、現在は6時間放送)(大型連休中や夏期に再放送あり)。
玉川堂
本町の印刷屋さんで、青梅大祭の広報紙も印刷していた。2014年6月末をもって廃業し、3代目社長さんはそれと前後するように旅立たれた。
銅栄(どうえい)
勝沼町で住宅施工にかかわって約90年。屋根、銅版工事など。
成木屋
勝沼町にある仕出し弁当屋さん。近年は、病院の食堂業務やケータリングサービスも行っている。
マイナー堂
住江町のCD・レコードショップ。毎朝、囃子の音と共にシャッターが開く。青梅大祭が近づくと、毎日、青梅大祭の模様を写したビデオを店頭で流して気分を盛り上げる。
繭蔵(まゆぐら)
西分町にある、青梅織物共同組合の蔵を改装したレストラン。こだわりの食で、特に女性に人気。ライブも開かれている。
わさび漬けの金子商店
わさび漬け屋さん。ホームページからの商品注文も可能。
地域情報の検索サイト。全国の駅名から検索可能なので、観光にも便利。当サイトは、2004年に掲載していただきました。<相互>
東京の情報満載のナビゲータ。その他全国各地の情報検索もここから。当サイトは、2004年10月1日付で掲載されました。<相互>