青梅の囃子の歴史

青梅の囃子は、江戸の囃子、特に神田囃子の流れを組み、ツケ(締太鼓のこと)2人、オオカン(大太鼓)1人、鉦1人、そして、曲をリードする篠笛1人で構成されます。

各土地ヽの名人と呼ばれる方による編曲・作曲を経て、青梅に伝来し、独特の囃子となりました。千ヶ瀬流と黒沢流の2つに大別することができます。

近年では、江戸の囃子を学んでその曲を取り入れたり、新たに曲を創作したり等、新しい試みもなされています。

青梅の囃子について、また、他地域の囃子について、うちの囃子はここからこう来たなどの何らかの情報をお持ちでしたら、管理人にご一報を。

囃子(住江町)

「けんか囃子」-青梅の囃子の魅力と特徴

「けんか囃子」とは、青梅の囃子の特徴を表す言葉の一つです。勿論、実際にけんかをするわけではありません。山車同士の「競り合い」の際には、双方の囃子連が、お互いに負けまいと力を出し合います。その時の様子を、「けんか囃子」という言葉が表現しているのです。

青梅では、競り合いの時以外も、関東風、庶民的で粋、躍動的、威勢の良さ、と言った形容が当てはまる奏し方をします。オオカン(大太鼓のこと)を立って(明治時代は座っていたらしい)叩くことで、その特徴は、より強調されます。また、「ソレソレ」などの掛け声も多い。テケテケテケテケというリズムは、少し符点がかったような独特のものになっています。

逆に、神社や人形場では、以上のような特徴は影をひそめ、厳粛に演奏します。

競り合いの際の囃子、厳粛な囃子、各囃子連ごとの気風などなど、青梅の囃子は、青梅大祭で体感することができます。

オオカン(勝沼町)

囃子に用いられる楽器

篠笛1 笛を吹く人のことをトンビと言う。

締太鼓(ツケ)2 天候や気候によって微調整が必要で、縄締めよりもボルト締めを用いる方が多い。ツケ同士による二重奏(カラミ、シラベ、ナガレなど様々な名称で呼ばれる)が行われることもある。

大太鼓(オオカン)1 当地では、大太鼓を立って叩くために山車の柱に縄でくくりつける。特に大太鼓のことをオオカンと呼ぶが、これは、縄を縛る際に用いる輪(大環)という道具が由来であるという(情報提供:笛吹童子様)。

鉦(アタリガネ、ヨスケ)1

 

囃子の曲目

屋台(やたい)・古囃子(ふるばやし)と新囃子(しんばやし) 最も威勢のよい曲

仁羽(にんば)

四丁目・師調目・飛鳥面(しちょうめ)

昇殿(しょうでん)・ショウテン 神社・人形場への挨拶で必ず用いられる曲

鎌倉(かまくら)

ねんねこ・子守唄 いわゆる「ねんねんころりよ、おころりよ」の子守唄

刀羽富楽・トッパトーガク

神田丸

投げ合い

※流派問わず、曲名を列記したのみです。

曲の伝承は、楽譜が用いられることもあるようですが、基本的には口承です。

 

踊り(舞)

もどき、おかめ(てんた)、外道(げどう)、狸、きつね、獅子を中心に、現在では各囃子連独自に様々なものが創作されています。面や衣装の遣い方にも手抜かりはなく、囃子座の大きい山車内をめいいっぱい使って踊ります。尚、IEで御覧の方は、各写真にマウスの矢印をあわせると、踊り又は面の名称とそれを披露している囃子連の町名が表示されます。

−青梅大祭百面相−

もどき(西分町)もどき(本町)もどき(勝沼町)てんた(勝沼町)足踊り(居囃子・友田町)外道(西分町)外道(大柳町)外道(居囃子・藤若)狐(住江町)狸(西分町)獅子(仲町)獅子二頭(本町)うさぎ(勝沼町)河童(勝沼町)三番叟(本町)思兼命(おもいかねのみこと)(大柳町)天狐(住江町)天狐(勝沼町)藤娘(日向和田)小面(居囃子・下長渕)生成(なまなり)(勝沼町)童子(勝沼町)千箭(ちのり)(勝沼町)翁(勝沼町)大黒(勝沼町)大蛇(裏宿町)龍(天ヶ瀬町)摩利支天(裏宿町)

管理人には知らないことが多いので、うちの囃子はこんな踊りがあるとか、青梅大祭のこの場所この時間にこの踊りをやるぞ、というような情報をお持ちでしたら、是非ご一報を。