(1)山車と山車人形について

山車(だし)

江戸時代に江戸で行われた祭礼では、天下祭を中心に、町内ごとに趣向を凝らした山車や練り物が参加しており、江戸文化が流入した近隣の商業地でも、天下祭で使用されていた山車を買い取ったり、新たに山車を注文して、山車を主に曳きまわすようになっていきました。明治時代以降、江戸では山車行列による祭礼がさまざまな理由で衰退して、神輿中心の祭礼に変化していった一方で、青梅、八王子、川越、熊谷、所沢、本庄、佐倉、栃木などでは、現在でも江戸流の祭礼が継承されるに至りました。その後、祭礼様式や山車の形式(例えば、山車構造、山車人形の立て方、車輪の数、梶構造)、囃子などは各地で独自の変化を遂げ、現在では、さまざまな形式の山車行列が見られます。

特に青梅では、山車上部と車構造とを独立させて屋台部分のみを回転させる「まわり舞台」の仕掛けを設けたり、二輪を三輪や四輪構造にしたり、また、明治時代後期の電線敷設によって山車人形を山車からおろして、唐破風屋根を取り付けました。さらに、山車人形を取り外したために空いた空間を、囃子の踊り手の着替えや囃子道具・衣装の収納場所として再利用したことで、囃子がより豪華になっていきました。

なお、山車とは本来、高く人形等を立てた・出したことに起因する言葉と考えられておりますので、青梅で使用されているものは、構造上、囃子舞台の役割を持つ「屋台(やたい)」に分類されます。しかし、もともと山車だったものを改造したという経緯があること、また、屋台型に改造された山車を真似て、新しいものが制作されていったことから、青梅では、たとえ屋台型であっても、すべてを含めて「山車」と呼びます。

山車人形

山車の上に飾られる人形のこと。青梅の5町内では山車と山車人形を揃いで所有しておりましたが、明治時代後期の電線敷設によって山車人形を山車からおろすこととなり、その後、人形場(にんぎょうば)に祀られることとなりました。各地の山車祭礼では、長年使い続けることで、山車人形が傷んでしまったり、修理の繰り返しによって姿が変わってしまったりすることが多々見受けられますが、早い時期に山車人形を下ろしたことが幸いし、結果的に、青梅では、江戸時代から明治時代初期に作られた名品が、良い状態で保存されることになったのです。

なお、5町内の山車人形は、いずれも住吉神社の御祭神である神功皇后に因んでいると言う人もおりますが、それは後付け的にこじつけられたものに過ぎず、必ずしも各町内が意図的に住吉神社と関連性を持たせようとして購入したわけではないと思われます。

(2)12町内

明治時代の祭礼では、住吉神社周辺の青梅街道沿い五町(住江町・本町・仲町・上町・森下町→まとめて旧祭礼町と呼ぶことがあります)のみが山車を曳きまわしていましたが、その後、五町以外の住吉神社氏子町内(計四町内)、戦後、同じ青梅市自治会連合会第一支会に所属する氏子外三町内(勝沼町・西分町・日向和田)が加わり、現在では12町内が青梅大祭に参加しています。なお、記載する町順には、さまざまな考え方がありますが、ここでは青梅市自治会連合会第一支会での町順を踏襲しています。御了承下さい。

勝沼町(かつぬま・ちょう)

町案内:青梅市自治会連合会第一支会では最東に位置し、勝沼1〜3丁目と東青梅1丁目(もとは勝沼1丁目であった)で構成されます。町内には、天照大神を祭る勝沼神社(お神明さま)と石動(いするぎ)神社、八雲神社がありますが、石動神社は勝沼2丁目のみの氏神様であるなど、町内での神社へのかかわり方や町内組織には不明な点が多いようです。なお、勝沼神社は、勝沼山乗願寺(青梅市内で時宗寺院は2院しかない)の守護として祭られたのが始まりといわれています。勝沼神社の祭礼は9月中旬(従来は9月19日でしたので、「なかのくんち」と呼ばれます)、石動神社の祭礼はその約1週間前、八雲神社の祭礼は4月中旬です。

山車の歴史:昭和24(1949)年、武蔵野市で分解された山車(茶席の余興として利用されていたらしい)の部材を買い求め、町内の大工・車大工・板金工・鍛冶工・塗装工によって制作されました。

山車の意匠:12町内一彫刻の素晴らしい山車で、全体的に道釈風となっています。囃子座前面柱に籠彫の昇龍・降龍、欄間にもぐるりと龍がからみます。前鬼板には鳳凰と仙人を、前懸魚には龍子(鯉のこと)にまたがる琴高(きんこう)仙人を、後鬼板には麒麟、後懸魚には鯉が配され、地覆には15人の童子が獅子舞や竹馬などで遊ぶ姿、その他、牡丹獅子、羽目板には麒麟と鯉、脇障子には酒を飲む亀等が彫刻されています。山車彫刻はすべて、山車部材とともに購入されたものですが、もともとは然るお武家のお屋敷のものである等、諸説あり、詳しい経緯は不明です。白木擬宝珠高欄で回り舞台構造。

山車の扁額:「勝沼町」。勝沼町出身の芸術家・塩野谷博山氏によって昭和61(1986)年に制作されました。

山車の幕:黒地獅子幕(左写真)と紫地鳳凰幕(右写真)の2種類を所有。橙色の総角(あげまき)を掛けます。見送り幕は、黒地・紫地ともに、勝沼町の文字が切嵌めされています。

囃子座水引幕:江戸紫地に三つ巴紋を抜いた幕で、金茶総角で留めます。

歯隠し幕:なし。

軒下提灯:丸型で白黒陰陽左三つ巴紋。

囃子:勝沼囃子会。神田囃子系黒沢流。

西分町(にしわけ、にしぶん・ちょう)

町案内:勝沼町の西に位置し、乗願寺村が、東側の勝沼町と西側に別れたことに由来すると考えられている町内で、西分1〜3丁目で構成されます。妙見社(西分神社)をまつり、その手前には宗徳寺があります。妙見社の祭礼は11月3日です。なお、青梅市東青梅4丁目は西分町の「飛び地」とされ、石神社(通称おしゃもじさま)がまつられています(祭礼は4月中旬)。

山車の歴史:以前は白木造の山車を所有していましたが、現在の山車は昭和47(1972)年に町内の建具屋・鍛冶屋等によって新造されたものです。平成24(2012)年に山車幕を川島織物にて新調しました。

山車の意匠:12町内唯一の極彩色の山車です。前鬼板には、懸魚の八岐大蛇(やまたのおろち)をにらむ素戔嗚尊(すさのをのみこと)が奇稲田姫(くしいなだひめ)を擁して剣を抜く場面が描かれます。また、後鬼板・懸魚には鶴亀、欄間には鯉(囃子座上)・虎(左右)・龍(後)の彫刻が施され、囃子座天井には鶴図が描かれます。花菱紋地覆に唐草紋の地覆飾り、黒漆擬宝珠高欄で、回り舞台構造。

山車の扁額:「北辰」。北斗七星、すなわち妙見菩薩を表します。

山車の幕:赤地緞子(どんす)に、金糸・白糸で表現された波濤の中に、妙見菩薩の座である玄武を刺繍したもの。見送り部分には金糸で「西分町」と刺繍されます。金総角を付けます。

囃子座水引幕:江戸紫地に御神紋である七曜紋を抜いた幕を、赤総角で留めています。

歯隠し幕:なし。

軒下提灯:長型に「北辰」の文字。

囃子:西分町囃子連。神田囃子系千ヶ瀬流。

住江町・墨江町(すみえちょう)、宮本(みやもと)

町案内:住吉神社のお膝元のため、祭礼時のみ宮本とも称しますが、 住吉神社の氏子町内で旧祭礼町五町の一つ。青梅町下町の東側一部が新町として独立した町内と考えられています。 住吉神社は郷社ですので、青梅町(当町以下9町内)全体の鎮守様ですが、町内単位での祭祀もあり、住江町では八坂神社(住吉神社境内内)も祀っています。八坂神社の祭礼「笹だんご祭り」は6月中旬に行われ、子ども神輿が出ます。

山車の歴史:川越元町から購入した山王山車を所有しておりましたが、町内に災厄が続いたことが原因で千ヶ瀬町に売却、明治20年代に神田宮本町から三層高欄の神功皇后山車を購入しました。昭和3(1928)年の御大典頃に屋台型に大改修しましたが、昭和時代に新たに黒漆3輪の山車を新造しました。平成25(2013)年に屋根を銅葺に、また、平成27(2015)年に白木車輪を新造。

山車人形の作者:明治7(1874)年、人形師・都梁斎仲秀英(三代目)の作。天冠は人形師・松雲斎徳山の作。

山車人形の意匠:住吉神社の御祭神である神功(じんぐう)皇后の出陣姿を表しています。上着は、紺地の錦に五爪龍と飛雲の柄で直衣の形をとり、四季の花の咲く籬(まがき)模様の段替わりの織物の大口袴、鳳凰の刺繍された平緒、脛当と毛沓を履きます。左手には啄木の緒のついた出鮫に木瓜(唐花)紋の目貫きの太刀、右手には軍配を持ちます。

山車の意匠:白木造の山車で三輪構造です。鬼板には左三つ巴紋が金工されます。懸魚の鳳凰や欄間の龍の彫刻は、町内に住んでいた名工・須崎秀一の作といわれています。擬宝珠高欄で、白縁取りした地覆飾り(亀甲紋と七本算木崩し模様)を持ちます。回り舞台構造ではなく、梶によって山車の向きを微調整します。

山車の扁額:「墨江町」。

山車一層目幕:紫・白・赤・緑・黄の五色緞子の3面連続一枚幕で、見送り部分には墨江町の文字が白抜きされます。総角を掛けません。

山車二層目幕:玉亀による作で、緋羅紗に鳳凰が刺繍されています。人形場に掛けられています。

囃子座水引幕:

歯隠し幕:波に千鳥。

御旗:

軒下提灯:丸型で紺陽左三つ巴紋。

囃子:住江町囃子連。神田囃子系千ヶ瀬流。

本町(ほんちょう)

 町案内:住吉神社の氏子町内で旧祭礼町五町の一つで、青梅駅周辺の区域です。江戸時代には青梅町下町でしたが、その後、本町に改称。自治会組織としては、東側の本町1丁目、西側の2丁目、北側の3丁目の3町内で構成されていましたが、平成26(2014)年度に本町に統合。町内単位では金刀比羅神社(こんぴらさん)も祀り、4月中旬に祭礼が行われています。

山車の歴史:明治5(1872)年に、源義経と弁慶の山車を購入したものの、それを青梅市千ヶ瀬町に売却(この山車はその後、人形を下ろして屋台型に大改修され、青梅大祭では、滝ノ上町の山車として、調布大祭では千ヶ瀬町の本山車として曳き出されています)。明治17年に土浦大町旧蔵山車を人形師・仲秀英の仲介で東京府内の質屋から購入しました(購入経緯から、一時、仲秀英作の山車と勘違いされていた時代もあります)。なお、文献によると、明治5年以前にも山車を保有していた可能性があるといわれています。

山車及び山車人形作者:明治2(1869)年頃、人形師・法橋原舟月(三代目)の作。

山車人形の意匠:神功皇后(じんぐうこうごう)と応神(おうじん)天皇を抱いた武内宿禰(たけのうちのすくね)の3体で、朝鮮出兵後の凱旋の様子をあらわしています。平成12(2000)〜13(2001)年に3体分の衣装が川島織物によって、平成21(2009)年鎧2領が甲冑師・加藤一冑氏によって、それぞれ復元新調されました。

皇后は、木瓜紋の金物の白鉢巻に緋威(おどし)の鎧、上着は、金襴で稲妻に稲穂の雨や四本爪龍の丸紋が織り出してある5枚繻子(しゅす)の組織の金襴裂で作った長絹(ちょうけん)。大口袴には、波に乗って勝利したことにちなんで、金糸で波の紋の刺繍がほどこされます。重藤の弓に、繧繝(うんげん)彩色、牡丹唐草を透かし彫りにした軍配団扇を持ち、また、鍔に木瓜紋と唐草を彫った、虎皮の尻鞘の糸巻き太刀と、出鮫の小刀を帯刀した姿です。

宿禰は黒塗りの床机に腰掛けて応神天皇を抱いた姿です。垂纓(すいえい)の金冠に萌黄威鎧、緑地麻葉向蝶文の金襴の長絹、紺地に稲妻、雲の五花弁木瓜紋の金襴の括(くく)り袴を着用しています。麻葉模様は、子供が丈夫に育つようにという願いの込められた模様です。鷹羽の矢を背負い、右手に采配を持ち、柄頭に木瓜紋と唐草を彫った萌黄の糸巻太刀と腰刀を帯刀しています。

皇子は三本爪の雲龍文赤地錦の産衣に包まれた姿です。(山車人形画像提供:伏見屋様)

山車の意匠:総体黒漆塗りという全体に贅沢な造りで、囃子座欄間には、応神天皇を表す麒麟各三体を高肉彫りで配し、鬼板や木尻(こじり)金物に唐花紋をつけるなど、山車人形を含め、山車全体を、神功皇后・応神天皇に由来する意匠で統一しています。大正時代に山車人形をおろして唐破風屋根をつけ、昭和時代に漆を塗り直すなど、二度の改修が行われたものの、装飾材も含めて全体的に細身で華奢な、山車建造当初の姿がそのまま残されています。頑丈で太く作られた野暮な山車と異なり、江戸風の粋を感じさせます。また、山車人形を迫り上げるからくり構造(一般に「小田巻」と言われる迫り上げ棒や、構造材に埋め込まれた滑車など)はほぼ完璧な状態で保存されており(平成21年の町内調査によって再発見)、関東に残る原舟月山車の中でも特に優品に数えられます。

山車の扁額:幕末の書家・関雪江(せっこう)揮毫による「恩育龍種/威震林」。三韓征伐と応神天皇に因む隷書です。

山車一層目幕:緋羅紗地に水流と鮎。神功皇后が三韓出兵後に肥前の玉島川で、袴の裾を糸にして弁当の残りのご飯粒を餌に鮎を釣ったという逸話に取材したものです。もともとの刺繍が取れかかり絵の具で補強されていましたが、平成12年に川島織物で手刺繍が復元されました。江戸紫の総角をかけます。

山車二層目幕:白地に鳳凰が刺繍されたもので、玉亀作です。 平成12年に川島織物によって、経年によって傷んだ幕地から刺繍を丁寧にはぎ取って修理されました。現在は、人形を囲む形で人形場で掛けられています。

囃子座水引幕:

歯隠し幕:紺地陰陽唐花紋。

御旗:

軒下提灯:なし。

囃子:本町囃子連。神田囃子系千ヶ瀬流。

仲町(なかちょう)

町案内:住吉神社の氏子町内で旧祭礼町五町の一つ。自治会組織としては仲町1丁目と仲町2丁目で構成されます。町内には、七兵衛稲荷、もとは小林総本家の稲荷であった英(はなぶさ)稲荷があり、そのほか、上町と合同で秋葉神社をも祀ります。

山車の歴史:明治5(1872)年に江戸日本橋の瀬戸物町・伊勢町・小田原町3町(現在の日本橋室町)から山車と山車人形を一体で購入したとされていますが、同じ所以の山車が栃木県栃木市にあることから、実は由来がよくわかっていません。その後、山車のみを青梅市下長渕に売り払い(この山車はその後、大柳町へ譲渡されることになりました)、昭和天皇即位を記念して新調されました。昭和60年代に、本町の長谷川漆工店にて山車と三層目(山車人形部分)高欄が塗り直されました。

山車人形の作者:嘉永元(1848)年、松雲斎徳山による制作と推定。修理されずに制作当時の首であることが当時の絵姿と酷似していることから、作者と制作年代は間違いなかろうと考えられています。

山車人形の意匠:御幣を背負う静御前。姫小松三本が描かれた中啓を右手に構え、金横さびの立烏帽子、白地銀襴の衣、赤地金襴・蔓牡丹の大口袴を着用し、葵鍔の太刀を腰にさした白拍子姿です。現在の衣装は昭和時代に町内の呉服屋である福屋にて復元新調されたものです。なお、平成15(2003)年の江戸開府400年記念天下祭で展示して以降、山車二層目幕の上に山車人形をのせた形で飾り付けていますが、それ以前は、由緒ある商家を借りて祀っていましたので、非常に趣がありました(当ホームページの筆者は後者の人形場のほうが好きでした)。

山車の意匠:鬼板に八咫鏡、懸魚には逆巻く簸河(ひのかわ)の水波に出現する天叢雲剣とその水波を囲む八坂瓊勾玉(緑彩色)が配され、三種の神器を表しています。鳳凰の欄間彫刻で、柱や擬宝珠高欄などの上体のみ黒漆仕上げで、地覆飾りには紗綾型と花文字「仲町」があしらわれています。屋根には赤銅が使われています。

山車扁額:町内在住の神田盛太郎氏による「奉祝」で、昭和3(1928)年の御大典時に制作されました。

山車一層目幕:昭和3(1928)年に町内の村山織物にて新調され、現在は、昭和後期に福屋にて同じ意匠で仕立てられたものが使用されています。3面連続一枚幕で、立湧(たてわく)牡丹紋の緋緞子に、静御前を表す立烏帽子、鼓、中啓が刺繍され、見送り部分に町名が記載されます。総角を掛けません。

山車二層目幕:緋羅紗地で、瑞雲の中を二羽の鶴が舞う姿が刺繍されています。

囃子座水引幕:江戸紫地花文字幕を同色総角で留めます。

歯隠し幕:波に紅白千鳥。

軒下提灯:なし。

囃子:仲町囃子連と梅花連(青梅市柚木町)。いずれも重松(じゅうま)流。

上町(かみちょう)

町案内:住吉神社の氏子町内で旧祭礼町五町の一つで、豪商の多い町内。仲町の西に位置しているために、この町名となっています。仲町と合同で秋葉神社も祀ります。以前は祭礼時のみ「福井町」と名乗っていましたが、平成12(2000)年の山車改修を機に「上町」に統一しました。なお、青梅大祭生中継番組内では、山車購入で金銭を全額使い果たしてしまい、幕や提灯を新しく作れなかったという逸話が度々紹介されていますが、町内の気風から鑑みると、これは後年の冗談、或いは他町内からの揶揄に過ぎないのではないかと、当ホームページの筆者は考えています。

山車の歴史:現在の三輪山車は明治5(1872)年頃に江戸の福井町(現在の江東区浅草橋近辺)から購入したものです。その後、人形を下ろして屋台型に改修されました。平成12(2000)年に千ヶ瀬町の小林建設によって再度改修され、本町の喜楽屋によって漆塗装が行われました。

山車人形の作者:作者不明。生人形師と考えられています。安政年代制作と推定されています。

山車人形の意匠:生人形(いきにんぎょう)様式で制作された日本武尊(やまとたけるのみこと)。木彫彩色による筋骨や毛描きなどの表現が写実的です。蜀江文の錦の小袖と袴、白地銀襴の雲立湧文の狩衣を着用し、袴の脛高を括りあげて東征の様子を表します。オランダのカピタン風の靴を履いており、人形師の洒落を感じさせます。黒塗平弓と矢を手に、朱塗金銀巴紋平蒔絵の剣を背負い、唐牛(シャグマ)の毛の付いた「天下一藤原吉孝」銘の鏡を胸にかけます。

山車の意匠:山車本体は江戸時代に制作されたものと言われています。唐破風の出屋根造りで、欄干は巴紋金物を付けて朱漆仕上げとし、五崩し紋の地覆飾りを持ちます。

山車扁額:平成12(2000)新調。小金井の書家・氷田光風氏揮毫による「上町」。

山車一層目幕:従来は臙脂地左三巴紋のものが伝来していましたが、山車改修を機に川島織物にて新調(本町在住の古典典籍学で風俗史家・齋藤愼一氏監修)。春の青梅の山を象徴した萌黄地に、五色瑞雲(ずいうん)のかかる太陽と白鳥を描いたものです。日本武尊の白鳥伝説に由来します。見送り幕には「武尊」の刺繍が施されています。

山車二層目幕:左三巴紋の刺繍幕2枚と、「福勝會」(福井町から伝来)と「上両町」の文字幕。

囃子座水引幕:江戸紫地左三つ巴紋を同色角で留めます。

歯隠し幕:波に千鳥。

御旗:本小袖と同じ織物で仕立てられています。

軒下提灯: 丸型の朱陽左三つ巴紋。以前は軒先提灯でしたが、平成12(2000)年の山車改修を機に新調されました。

囃子:旭連(青梅市畑中)。神田囃子系黒沢流。

森下町(もりしたちょう) 

町案内:住吉神社の氏子町内で旧祭礼町五町の一つで、旧祭礼町の最西に位置しています。大きな森があったことが町名の由来で、自治会組織としして森下町1丁目と2丁目で構成されます。江戸時代には森下陣屋が置かれ、また、江戸日本橋に支店を設置するなど非常に格の高い豪商が多く、現在でも稲葉家が保存されています。町内では熊野神社も祀っています。

山車の歴史:もとは神田三河町四丁目所有の山車で、番付三十一番として神田祭で曳き回されていたものを、明治初め頃に購入。大正2(1913)年に改造。歴史的由緒が明らかなことから、平成15(2003)年の江戸開府400年記念天下祭に参加しました。

山車人形の作者:嘉永2(1849)年法橋仲秀英(二代目)の制作。

山車人形の意匠:武内宿禰(たけのうちのすくね)が、高くかかげた満珠を海中に投げようとする躍動的な姿を表します。神話によると、武内宿禰は満珠と干珠を授けられ、この二宝物を使って神功皇后の三韓征伐の水先案内を努めたそうです。萌黄威鎧に紺地銀襴の表着を着、腰に龍紋の目貫の出し鮫の腰刀を差し、左手には糸巻きの大太刀、右手に満珠を掲げます。

山車の意匠:武内宿禰が満珠を投げて水を起こし敵を攻めたという物語に因み、鬼板・懸魚には波濤、欄間には波に千鳥が飛ぶ光景が表現されます。また、鬼板には左三つ巴紋も金工で施されています。黒漆擬宝珠欄干で、朱漆青海波紋の腰羽目板に金亀甲紋地覆飾り、菊蜀江紋の地覆に四崩しの地覆飾りを持ちます。大正時代に三輪から四輪に改造されましたが、稲葉家所蔵山車絵図には二輪で描かれており、当初は二輪であった可能性も指摘されています。唐破風の出屋根造りで、回り舞台構造です。

山車扁額:嘉永製の「祝祭典」。

山車一層目幕:松葉羅紗地で、満珠によって立った金糸の荒波に白千鳥が飛び上がる情景を描いたものです。緑色の総角をかけます。現在は昭和50(1975)年に復元新調された幕を使用しており、嘉永製の幕は、稀に人形場に飾られることがあります。

山車二層目幕:嘉永製で、緋羅紗地に潮を起こす三体の龍が刺繍されます。その他に緋羅紗地に「神田大明神」「神田三河町四丁目」と記された文字幕も付属し、購入後にそれぞれ「住吉大明神」「森下町二丁」と切嵌め直されました。現在は、人形を囲む形で人形場で掛けられています。

囃子座水引幕:江戸紫地幕で赤総角で留めます。

歯隠し幕:波に千鳥。

御旗:

軒下提灯:赤市松文様・白・緑の三色で構成された桶型。藤の花を付けます。

囃子:森若囃子会。神田囃子系黒沢流。

天ヶ瀬町(あまがせ・ちょう) 

町案内:住吉神社の氏子町内で、森下町の南側に位置します。自治会組織は天ヶ瀬町第1自治会と第2自治会で構成されます。町内には将門が植えたとされる梅の木の残る金剛寺が所在し、寺内の請雨鉢(しょううばち)の紙撚りの龍索(りゅうさく)が雨乞いの祈りによって本物の龍と化し、天に雨を起こし、天ヶ瀬淵に飛び込んだという龍伝説もあります。町内では八坂神社も祀ります。

山車の歴史:以前は青梅市駒木町(こまきちょう)から借用していましたが、平成7(1995)年に町内で新造。本町在住の古典典籍学で風俗史家・齋藤愼一氏が監修し、新潟の伽藍彫刻師・細野実氏が制作しました。

山車の意匠:龍伝説に基づく唐破風型白木造りの擬宝珠高欄二重台輪山車です。上部=雲、中部=龍と波、下部=波という意匠で、柱には雷紋(=龍のおこす稲妻)、鬼板は雲(三つ巴紋付)、前懸魚には将門を表す鳳凰、後懸魚には鶴、欄間には龍が彫られています。地覆飾りは、下部には菱波(雨が波打つ状態)、上部には波が激しく波打つ波濤文が刻まれています。

山車扁額:勝沼町の書家・伊藤幽峰氏揮毫による「王孫嘗挿一枝英 培養千春更清清」。

山車の幕:天空に雨を呼び起こす龍(雄龍)と、淵に躍り入り宝珠をつかむ龍(雌龍)が左右に刺繍されます。江戸紫の総角を掛けます。

囃子座水引幕:江戸紫地に、八坂神社の御神紋である五瓜唐花紋と左三つ巴紋。同色の総角で留めます。

歯隠し幕:波に千鳥。

軒下提灯:赤色五瓜唐花紋と青色左三つ巴紋を重ねた丸型。

囃子:天ヶ瀬町囃子連。神田囃子系千ヶ瀬流。

大柳町(おおやな・ちょう)

町案内:住吉神社の氏子町内で、青梅町から南に下ったところにある町内。丁目の区別がなく大柳自治会のみで構成され、一自治会としては、他自治会と比べてかなり広域をカバーしている町内です。

山車の歴史:昭和58(1983)年、青梅市下長渕の山車新造に伴って同町から譲り受けたものです。もともとは、昭和初期まで仲町が所有していた山車です。

山車の意匠:鬼板に八咫鏡と右三つ巴紋、懸魚には逆巻く簸河(ひのかわ)の水波に出現する天叢雲剣とその水波を囲む八坂瓊勾玉が配され、三種の神器を表す形は、現仲町山車と同一です(仲町山車は水波が金箔仕上げですが、大柳町は黒漆仕上げとなっていること、勾玉の形の2点が異なります)。囃子座をより広く改造したことに伴って、本来の欄間彩色彫刻「小松の丘」(静御前の鶴岡八幡宮での舞に因む)ではサイズが合わず、松に鷹図に入れ替えられました。なお、「小松の丘」欄間は町内の寺院に保存されていると言われています。角文字「仲両」の地覆に金箔地覆飾り、黒漆擬宝珠高欄です。

山車扁額:

山車の幕:緋羅紗地に銀糸右三つ巴紋刺繍と角文字柳の金縁取り紺切嵌。金茶総角を掛けます。

囃子座水引幕:江戸紫地右三つ巴紋幕を赤総角で留めます。

歯隠し幕:波に千鳥。

軒下提灯:丸型で紅白陰陽左三つ巴紋。

囃子:大柳共和会囃子部柳連。神田囃子系黒沢流。

滝ノ上町(たきのうえ・ちょう)  

町案内:住吉神社の氏子町内で、住江町〜仲町周辺の南側に位置します。自治会組織としては滝ノ上1丁目・2丁目・3丁目の3町内で構成されていましたが、平成19(2007)年に滝ノ上町に統合されました。町名は、多摩川の白滝の上に位置することに由来します。

山車の歴史:町内を通る道がどこも狭く山車を所有していませんので、祭礼では青梅市千ヶ瀬(ちがせ)町から借りて参加しています。この千ヶ瀬町所有の山車は、明治十年代まで本町が所有していた源義経弁慶山車です。昭和25(1950)年に屋台型に大改修、昭和62(1987)年に本町の長谷川漆工店によって塗り直し、その後、町内にて再度改造及び彫刻が行われました。

山車の意匠:鬼板に巴紋、懸魚には五色雲に鶴の彫刻、欄間には金箔波濤文、地覆には紗綾形地に唐獅子牡丹彫刻、車台には波濤彫刻に笹竜胆紋の金工が施されます。

山車の扁額:根岸太助による「御祭禮」。

山車の幕:浮線稜を織り出したものです。見送り幕には「瀧之上町」と記名されます。金茶総角を掛けます。

囃子座水引幕:江戸紫地に、源義経人形にちなむ笹竜胆紋。同色の総角で留めます。

歯隠し幕:波に千鳥。

軒下提灯:丸型の笹竜胆紋。

囃子:滝ノ上囃子連とち友連(青梅市千ヶ瀬町)。神田囃子系千ヶ瀬流。

裏宿町(うらじゅく・ちょう)

町案内:「裏」とは「先」の意で、すなわち、青梅宿の先端にある住吉神社の氏子町内です。自治会組織は裏宿1丁目と2丁目で構成されます。昭和時代の終わり頃まで、祭礼時のみ「梅園町」と称していました。町内の鎮守は摩利支天尊を祀ります(裏宿神社)。なお、江戸時代には足の速い義賊・七兵衛(しちべえ)が住んでいたという伝説が残り、現在、七兵衛公園として整備されています。

山車の歴史:以前は青梅市藤橋、続いて柚木町から借用して参加していましたが、平成元(1988)年に昭島市の乙津建設によって新造。

山車の意匠:白木造で、二重の唐破風屋根と脇障子が2対計4枚ある点が特徴となっている山車です。霞や雲や日の光を支配する摩利支天尊に因み、欄間には、神威である陽炎や、摩利支天尊の乗り物である猪が遊ぶ彫刻が施されます。鬼板には七福神、懸魚には鳳凰、脇障子には鯉の滝昇りが彫られています。

山車の扁額:「裏宿」。

山車の幕:勝沼町の画家・小沢政雄氏による制作で陽炎をデザイン化したものです。総角は短く左右2本のみ(通例4本)です。

囃子座水引幕:江戸紫地に陽炎をデザイン化したものです。同色の総角で留めます。

歯隠し幕:なし。

軒下提灯:なし。

囃子:裏宿囃子連。神田囃子系千ヶ瀬流。

日向和田(ひなたわだ)

町案内:青梅市自治会連合会第一支会では最西に位置し、日向和田1丁目・2丁目・3丁目で構成されます。和田乃神社(三島さま)の氏子町内で、9月1日(現在はそれに近い日曜日に開催)の祭礼では子ども相撲が奉納されます。

山車の歴史:祭礼時は青梅市友田町(ともだまち)の山車を借りていましたが、昭和62年に上州神輿協同組合で新造。

山車の意匠:白木造唐破風屋根の山車です。和田乃神社の奉納相撲に因み、鬼板には軍配団扇があしらわれ、懸魚や欄間には龍の彫刻、地覆飾りには波濤彫刻が施されます。

山車の扁額:島」。

山車の幕:三島さまが海の神様であることに因み、海に鶴亀、夷様が釣りをする図。

囃子座水引幕:

歯隠し幕:なし。

軒下提灯:丸型で「島」の文字。

囃子:日向和田囃子連。神田囃子系千ヶ瀬流。

(3)居囃子

青梅市は祭礼の盛んな土地柄のようで、囃子連が数多く存在していますが、その中の9団体が、櫓を組んだ「居囃子」として祭礼に参加しています。なお、約30年前は、市外の囃子連が出演していたことがありますが、現在は青梅市内に限定されています。

師岡町(もろおか・ちょう)囃子連

居囃子設置場所:勝沼町内

流派:神田囃子系千ヶ瀬流

駒木町(こまき・ちょう)囃子連

居囃子設置場所:西分町内(西暦奇数年には西分1丁目内に、偶数年には2丁目内)

流派:神田囃子系千ヶ瀬流

二俣尾(ふたまたお)桃花連

居囃子設置場所:西分町内(西暦偶数年には西分1丁目内に、奇数年には2丁目内)

流派:神田山の手流座敷囃子

上長渕(かみ・ながぶち)囃子連

居囃子設置場所:住江町内

流派:神田囃子系千ヶ瀬流

和田町(わだ・まち)囃子保存会

居囃子設置場所:本町内

流派:神田囃子系黒沢流

藤若囃子連

居囃子設置場所:仲町内

流派:目黒囃子船橋流

下長渕(しも・ながぶち)囃子連

居囃子設置場所:上町内

流派:芝金杉流

友田町(ともだ・まち)郷土芸能保存会

居囃子設置場所:上町内

流派:目黒囃子系

河邊町(かべ・まち)囃子保存会

居囃子設置場所:森下町内

流派:神田囃子系

山車や山車人形、各町内などについて何らかの情報をお持ちでしたら、管理人にお寄せください。