青梅大祭の情報

青梅大祭の歴史

青梅は、商業で栄えた一大宿場町です。青梅の鎮守様である住吉神社の祭礼は江戸時代後期に既に行われていたことが確認されており、それは、神社による「神事」ではなく、町民主体の祭礼行事でありました。神輿、芝居興行などが賑やかに行われ、遠方からも人が集まり、当時の紀行文に掲載されるほどの有名な祭だったようですが、公儀の取り締まりを避けるために公式的な記録は残されず、詳細はほとんど伝わっておりません。

明治初期には、青梅でも山車が曳き回されるようになりました。江戸で使われていた三層の山車(一層目に囃子座、二層目に絢爛豪華な幕、三層目に山車人形がのる、所謂「江戸型山車」)を買い付けたのです。これが現在の祭礼形式の始まりです。すなわち、青梅、川越、本庄などの都市が、諸事情によって江戸市中で巡行できなくなった山車を買うことによって、天下祭(神田祭や山王祭など、江戸城に入城して将軍の上覧を受けた祭礼のこと)の様式を引き継ぎ、祭礼の華やぎを伝えることになりました。

明治後期頃になると、単なる江戸の祭礼の模倣ではなく、拍子木や囃子の奏法など、青梅独自の祭礼様式が見受けられるようになりました。また、同時期、電線が敷設されることに伴って、三層の山車が巡行できなくなりましたが、それでも祭礼を継続するために、三層の山車は屋台型に改造され、また、山車人形は「人形場」に飾られるようになりました。そのため、幸か不幸か、いずれも傑作揃いの山車人形は、修復を要するほどの傷みや日焼けを免れ、比較的よい保存状態で現代に残されたのです。

大正・昭和期に入ると、住吉神社氏子町内だけでなく、青梅町制施行時に青梅町に編入された氏子外の町内も山車を所有して参加するようになり、今では計12町内による盛大な祭礼となっています。

尚、祭礼の日取りは江戸時代は3月27〜28日でありましたが、明治時代の暦改正のために4月27〜28日に移動し、更に、交通事情や祝日の関係で、昭和44年以降、住吉神社による神事を4月28日に、住民が主体となる祭礼を5月2〜3日に分けて行っております。また、平成16年、従来の「住吉神社青梅大祭」から、「青梅大祭」に改称されましたが、祭礼の内容は変わっておりません。

住吉神社

応安2(1369)年に、住吉山延命寺(通称「お呑龍(どんりゅう)さま」、安産・子育てにご利益がある)建立の際に、開祖・季龍禅師の出身地である大阪堺の住吉明神の分霊をお迎えして寺院北側に建立されたのが始まりです。その後、永正10(1513)年に、入間から相模酒匂(さかわ)までの一帯を治めていた三田弾正(だんじょう)氏宗・政定親子の協力で社殿を改修、青梅村(現在の住江町から裏宿近辺)の総鎮守となりました。

御祭神は底筒男命(そこつつおのみこと)、中筒男命(なかつつおのみこと)、表筒男命(うわつつおのみこと)の三神と神功皇后。

青梅大祭の主な日程

(1)4月28日<神事>

住吉神社にて、神社総代や氏子総代、12町の祭典委員長等列席のもと、神事が執り行われます。前日27日夜には囃子が奉納されます。

(2)5月2日<祭礼第一日>

当日までに町内での準備を終え、祭礼の一日目を迎えます。交通規制は敷かれず、「町内曳き」が行われ、町内の隅々まで祭礼の雰囲気が伝えられるのです。すなわち、12町内の山車は、基本的に自分の町内を回るのみ。山車の巡行時間も町内によって異なります。山車巡行前と巡行終了時には、運行の安全を祈願する修跋式(町内によって名称が異なる)が行われます(3日の巡行前後にも修跋式が行われます)。

勝沼町:10時〜18時

大柳町・天ヶ瀬町・裏宿町・日向和田:12時30分〜18時

西分町:12時〜19時30分(町内巡行後に住吉神社でお祓いを受けます)

住江町・本町・仲町・上町・森下町・滝ノ上町:15時〜19時30分(住吉神社でのお祓いを受けるために青梅駅前にて数台ずつが入れ替わりながら待機する時間帯があります)。

5月2日は、勝沼町と西分町による東青梅駅南口ロータリーでの競り合いの他は、基本的に競り合いは行われません。交通規制等一切ありませんので、周辺の道路状況にはくれぐれもご注意ください。

(3)5月3日(祝)<祭礼第二日>

5時頃から約30分間行われるアサギリによって祭礼二日目の朝を迎えます。9時から21時の間、青梅街道の勝沼交差点〜日向和田3丁目(和田橋入口)交差点の間、青梅駅前ロータリー及び周辺道路に交通規制が敷かれ、交通規制開始とほぼ同時に山車が12町内を往来します。午前は、東側6町が西に西側6町が東に向かい、午後はその逆の巡行となります。また、2日にお祓いを受けなかった5町内は午前中に住吉神社でお祓いを受けます。そして、山車がすれ違う時には競り合いが繰り広げられます。

3台以上の山車による競演は、おおよそ以下のような予定で行われ、祭礼のクライマックスを迎えます。

16時25分頃〜16時50分頃

 :森下町で西6町(森下町・滝ノ上町・大柳町・天ヶ瀬町・裏宿町・日向和田)

17時15分頃〜17時45分頃

 :青梅駅前にて4町(勝沼町・西分町・住江町・本町)

18時05分頃〜18時15分頃

 :祭典本部前にて6町(住江町・本町・仲町・上町・森下町・滝ノ上町)

18時30分頃〜18時45分頃

 :青梅駅前にて4町(住江町・本町・仲町・滝ノ上町)

その後、最後の競り合いを各所で繰り広げつつ、19時30分に山車巡行が終了します。囃子はその後も21時まで演奏されます。

なお、2〜3日の詳細な時間は、平成29年の予定段階のものです。

(4)オヒマチとその後

5月4日(祝)以降、町内ごとに片付けとオヒマチを行い、そして、この日を境に翌年の祭礼の準備が始まります。

青梅大祭の主体性

祭礼行事とは、神事とは異なり、そこの土地に住む人々が主体となって執り行うものであり、勿論、青梅大祭の担い手は、そこに住む人々です。

近年、各地の祭礼の観光化やイベント化、行政や企業の関与が進んでおりますが、そのような中、青梅大祭は、行政に頼ることなく、住む一人一人が主体的に関わってきた祭礼であります。各人がさまざまな任務につき、青梅大祭という一大行事を支えているのです。無形文化財への指定によってPRを大々的に行うこともありませんし、また、全国的に名の知れた祭礼でもありませんが、祭礼は自分たちのものであり、自分たちで行うものという意識があるからこそ、現在まで、「イベント」ではなく「祭礼」として存続されてきました。従って、青梅大祭には、青梅の土地柄や風土、そして青梅っ子の心意気と気風が色濃く反映されています。本来の「祭礼」の特徴である町民主体という特徴を残す、非常に貴重な行事なのです。

(1)青梅市自治会連合会第一支会と青梅大祭実行委員会

青梅大祭の主催者。青梅大祭にかかわる12町内の自治会から構成されるのが青梅市自治会連合会第一支会であり、更に、第一支会から選出され、祭礼に特化した組織が青梅大祭実行委員会です。山車の巡行、露店出店に伴う事項の他、警察折衝、広報活動、駐車場整備など、祭礼全体に関わる一切を取り仕切ります。

(2)各町の自治会

青梅はもともと自治の意識が高い土地柄のようで、行政区分とは別に、町が形成され、その町内や丁目ごとに自治会が組織されています。全国的には町内会、都内では町会などの名称が見受けられますが、当地では「自治会」と名乗ります。町内の安全や防災、美化などの多くの活動がこの自治会単位で行われており、勿論、山車や山車人形の保存と管理、囃子の伝承などの祭礼に関連する事柄(町内に別団体を結成して委任する場合もあります)も例外ではありません。祭礼時には、町ごとに祭典委員会を結成し、町内単位で祭礼全般を仕切ります。

青梅大祭をより楽しむために:訪れる方に注意していただきたいこと

山車同士の競り合いは、より近くで迫力を感じたいもの。ですが、回り舞台構造の山車が多く、また、山車が動き出す時には急転回が必要になることもしばしば。従って、山車の間際まで寄ってこようとした方は、山車の動き出し時に慌てて後ろに下がらざるを得なくなるなど、山車近くに寄ろうとすればするほど非常に危険です。押し合いにならないためにも、転倒などの事故を未然に防ぐためにも、山車の梶や横、後ろ側などを含め、あまり近寄りすぎずに御覧ください。また、山車の動き出しは予測不能ですので、周囲の状況にも目を配ってください。青梅では、山車周囲に警備員を多く配置するという野暮なことはしておりません。山車周囲で警護や梶切り等の任にあたっているのも地元の人間です。思わず声を荒げたりすることもあるかもしれませんが、これは、安全性を考えてのこと、何卒、御了承下さい。

さらに、祭典事務所や人形場での儀礼、町内同士のしきたり等に伴い、観光客の方には、観覧しているその場から一時的に離れていただくことがあります。これは、町内同士の大事な儀礼に基づくものですので、どうぞ御理解ください。

また、最近は、ベビーカーをどこの祭礼でもよく見かけます。確かに、子どもさんを一緒に連れて行くには非常に便利で楽な乗物です。しかし、周囲の歩行者と避け合うのが難しく、さらには、山車の急激な方向転換に対応しきれずに、危険性が高いです。ちなみに、祭礼参加者は基本的に草履ですので、ベビーカーの車輪に巻き込まれやすいということも事実ではあります。更に、ベビーカーに乗る子どもさんに映る風景は、大人の足ばかり・・・これでは、楽しめません。より子どもさんに楽しんでもらうためにも、周囲の人々のためにも、できる限り、ベビーカーは持ち込まずに、抱っこや肩車など(その時には子どもの靴は脱がせておきましょう)をしてあげて下さい。

近年、青梅大祭ではゴミ問題が大きくなっております。多くの方が、マナーを守ってくださる一方で、残念ながら、缶やペットボトル、弁当パック、露店の弁当パックや箸、食べ残し、煙草の吸殻などが道路上に落ちていたり、植え込みに隠してあったりします。沿道の住民をはじめ、町内の役員及び囃子連、そして露店商が手分けして、青梅街道等を掃除しておりますが、回収されるゴミの量は非常に膨大です。ゴミは、指定場所に捨てるか、またはお持ち帰りになるなど、どうぞ、マナーとモラルをお持ち下さい。

また、ドローン等の飛行や持ち込み等も御遠慮ください(その他、挙げればきりがありませんが、常識とモラルをお持ち下さい)。

青梅大祭は、祭礼の場であって、ただただ騒ぐだけの場でも、ただただ酒を飲むだけの場でも、若い男女のタマリ場を提供する場でもありません。人々が「祭礼」を共通項にして集う場です。お互いに安全に楽しむためにも、どうぞ宜しくお願い致します。