東京都青梅市概略

 

青梅(おうめ)市は東京の北西部に位置する、秩父多摩国立公園の玄関口です。市の西部にある御嶽山(みたけさん)の御岳神社は関東の総鎮守府として知られ、赤糸大威鎧(国宝)が奉納されていることでも有名。「誓いの梅」於:金剛寺(夏に撮影)

「青梅」の地名は、平将門が当地に立ち寄った際に「我願い成熟あらば栄ふべししからずんば枯れよかし」と詠み、市内の金剛寺(天ヶ瀬町)に梅を植え、その実が秋になっても変色せず青いままであったという伝説に由来します。この梅は現在「誓いの梅」と呼ばれています。

戦国時代には、土地の豪族三田氏が青梅を支配、青梅市成木(なりき)で採掘された石灰(いしばい)で栄えたものの、小田原に進軍した上杉景虎に味方したために、小田原・北条氏に攻められ、抗戦むなしく永禄6(1563)年(永禄4年説も)に降伏、以降は北条氏支配下となりました。

江戸時代には幕府の直轄地となり、甲州の裏街道「青梅街道」沿いに青梅宿が形成され、青梅縞、青梅綿、青梅傘、材木などの集積地として、また、御嶽への参拝客のための宿場町として、活況を呈していました。

明治期以降に青梅村となり、近隣の勝沼、長淵、成木、新町などを統合、昭和26(1951)年に市制が施行され現在に至っています。

(東京の西に位置する多摩西部の北をクリックしてください。青梅市の地図が別ウィンドウで表示されます)

 

 

 

 

 

 

青梅への交通

 

電車を利用する場合

JR東日本の中央線(東京駅〜高尾間)を立川駅で青梅線に乗り換えてください。青梅線は10分に1本の割合で出ていますが、中央線から青梅線への直通電車も1時間に2〜3本(うち1本は青梅特快)も運行されております。降車は「青梅駅」又は1駅手前の「東青梅駅」です。

「青梅駅」ならば、駅を降りた瞬間に青梅大祭ど真中です。「東青梅駅」で降車して徒歩で西に向かってもよいでしょう。一歩一歩祭礼へと近づき、次第に囃子の音も自分の心臓の音も高鳴っていく、という独特の雰囲気があります。なお、東青梅駅から徒歩5分で勝沼町祭典事務所があり、東青梅駅〜青梅駅間は徒歩で20分です(青梅大祭時は30分見込んでおいたほうが無難です)。

おおよその所要時間と運賃です。なお、記載されいている料金は、平成26年消費税増税以前の切符料金ですので、ご了承ください。

東京駅から・・・1時間10分(日中)〜1時間30分(平日朝晩ラッシュ時)、920円

新宿駅から・・・約1時間、800円

立川駅から・・・30分、310円

 

自動車を利用する場合

圏央道「青梅」ICから西方向(青梅市街地)へ

但し、5月3日午前9時〜午後9時までは、青梅街道(現在は正確には都道の旧青梅街道)の勝沼交差点から日向和田3丁目(和田橋入口)交差点の間に交通規制が敷かれます。また、平成27年から、青梅駅前ロータリーも交通止めの措置が取られることとなり、街道周辺の抜け道・裏道も自動車による交通がより困難となりましたので、くれぐれもご注意ください(観光客の中には、「自動車が通りたいのだから祭礼くらいで通行止めをするな」とクレームをつける方もあるようですが、自動車の歴史よりも祭礼の歴史のほうが長いですので、悪しからず)。

また、青梅大祭に自動車でいらっしゃる観光客の方のために、周辺各所に臨時駐車場が設置される他、東青梅駅周辺に有料駐車場があります。しかし、どこの場所も収容台数には制限があります。路上駐車、駐停車禁止区域や青梅大祭実施地域内での無断駐停車等は御遠慮下さい。どうかどうか、電車の御利用をお薦めします。

 

自転車を利用する場合

自転車で青梅を駆けるというのは、誠に気持ちの良いものです。普段の青梅にいらっしゃる場合は良いのですが、青梅大祭の行われている会場に自転車で入ることは御遠慮下さい。山車と歩行者で現場は大変混雑しており、自転車は誠に危険です。自転車で青梅大祭にいらした場合は、山車の通らない裏道を通って、駅前などの駐輪場に置いて施錠の上、祭礼をお楽しみ下さい。また、路上への無断駐輪は御遠慮下さい。尚、盗難等の場合、当方は一切責任を負いませんので、御了承下さい。